2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

弟の住処へ

2008.09.24 (Wed)
まだ論文や課題やその他書かなければならないものが山ほどあって息が絶えそうだけど、今日はちょこっと更新しま~す。

実は先日(ゼミ合宿より前)、弟が一人暮らしをしている家に急遽行くことになりまして、一泊してきたのですな☆
その模様を書いたテキトー記事が溜まっていたのでアップします。



関東C県で一人暮らしをしている弟。
当日私は別の用事が夕方まで入っていたので、弟の家には夜行くことになっていました。
私が行き方を聞いたことから始まった、目的地につくまでの当日のメールのやりとり。(完全再現w)

弟:『乗り換えないで△△から●●線で1時間の○○(弟の最寄り駅)ってとこ
私:『 夜ご飯は食べていく。着くのは9時頃かなー?』
弟:『りょーかい ○○に着く時間が確定したらまた連絡して
私:『今△△でた~ ○○に着いたらメールする

途中の駅(▲▲)を通過したときに雨が土砂降りだったので心配でメールを送ったりもする。
私:『今▲▲なんだけど、そっち雨降ってる?』
弟:『降ってないよ



っていうかお前、これ→「」好きだな!!(爆)

※ひとり言…私、このペンギンは絶対に奴がつば九郎(ヤクルトスワローズのマスコット)を意識してる気がするんだよなぁ。まぁどうでもいいけどw
スポンサーサイト
【EDIT】  23:57 |  愉快な仲間たち  | TB(0) | CM10  | Top↑

もしかして…ブラコン?

2008.05.17 (Sat)
私には関東C県で一人暮らしをしている大学二年の弟と
青春まっさかりの高校二年の妹がいます。

つい昨日の会話。

妹:「今日●●(←弟のあだ名)とメールした~♪」
私:「へぇ…。でも私も昨日●●とメールしたもんね(にやり)」
妹:「はぁ!?なんで?」
私:「ふふ…ま、いろいろね(にやり)。お前はなんでメールしたの?」
妹:「数学の問題教えてもらった」
私:「ふぅ~ん。あ、そうだ。7月か8月かわからないけど、私●●と野球(スワ○ーズの試合観戦)行くから♪で、試合終わったら、そのまま●●の家にお泊りに行くんだ~♪」
妹:「はぁー!!?てめ、ふざけんな!」
私:「てへへ。いーでしょーww」
妹:「……。……ウチも行く」
私:「……いーけど。てか、お前部活忙しいんだろ^^;」

今、冷静に考えて…
なに、この会話。
…俺ら(私と妹)完全にブラコンじゃん!キモっww




そんな私、家族で一人だけオタクなもんで
弟や妹にオタクおよび腐女子の英才教育(?)を施したい所存。

妹には以前BLを読ませたことがあるけど、
全く興味を示さないことが判明。
もとから本を読まない愚か者は、V系バンドに夢中なのでしゃーない。

じゃあ、弟だ。
ということで、いくつか面白いアニメを教えてみた。
すると弟は私の言いつけどおり、少しはアニメを見たらしい。
調子に乗った私は、さらにオススメなアニメをメールで教えた。



弟の返信(の一部)↓

200805172114000.jpg
(これ、私の携帯。弟の返信もマジモンです。
母親の携帯で撮ったから画質悪い…)


てか、言いつけどおりロマンチカ見たんだ(爆)
お前、えらいよwww



このあと「BL的なの見続けな!(`∀´)ノ」って送ったら、拒否された(笑)
やっぱりダメか。(当たり前)

えっと…、自分の弟で遊んでサーセンww
【EDIT】  22:34 |  愉快な仲間たち  | TB(0) | CM2  | Top↑

友人Mの変化

2008.05.05 (Mon)
来たメールには必ず返信するが、
自分から人にあまりメールをしない奴。それが私。
まー特に深い理由とかないんですけど(笑)

そんなことを言いつつも、
自分から唯一積極的にメールする友人がおりまして
それが小学二年からの腐れ縁「友人M」であります。
(積極的にと言っても二ヶ月に一回の割合でしかメールしません。苦笑)
私からメールする理由は、友人Mが私と張るくらい自分から人にコンタクトをとる人間じゃないからです。

そんな友人Mに久しぶりに「遊ぼーぜぃ」と連絡を取り
3日に横浜をぶらり旅してきました。
色んな場所行って、美味しいもの沢山食べたけど(あれ、ダイエットは…?)、話していたことの大部分はBLやら声優(BLCD)やらの話でした☆爆

まぁ友人Mは私より前に腐の道に入った女ですからね。
ほとんど声専門?で私とは少しジャンルが違うけど、BL小説やBL漫画も読みますし、私もBLCDや声優さんのことを知らないわけではないから、すごく楽しかったです♪

んで、そんな友人Mに変化がありました。
前は櫻井○宏さんや鈴村○一さんに傾倒していた友人Mですが、最近もっとハマっている声優さんがいるらしいのです…
(あ、この話オチはありません;;)
【EDIT】  19:41 |  愉快な仲間たち  | TB(0) | CM0  | Top↑

2007.10.20 (Sat)
これは何回も書いていることですが、私には弟と妹がいます。
「弟」のことは先日書いたので、今日は「妹」のことについて書きますか。

その前に質問…
「弟や妹がいる皆さん。あなたは弟や妹になんて呼ばれていますか?」
…お姉ちゃんですか?お兄ちゃんですか?それとももっと違う呼び方?

ちなみに私は弟&妹に生まれてこのかた一度も「お姉ちゃん」と呼ばれたことがありません
嘘じゃないですよ。小さい頃からただの一度もないんです、本当に。
じゃあ、なんて呼ばれているかって?

ズバリ、名前の呼び捨てです。
最近では「おい」だの「なぁ」だの固有名詞ですら呼ばれなくなっていますw

もう姉の威厳、一切無し!(爆)

「お姉ちゃん」と呼ばれている人がたまに羨ましくはありますが、今更弟&妹からそう呼ばれるのは逆に気持ち悪いので、なんて呼ばれようとヘラヘラ笑っています。
そのことを友人Yに話したら、彼女は「信じられなーい。私なんか弟に呼び捨てにされたら殴るけどね」と言っていました。
でも、それがもう当たり前の日常だとなんにも思わないのかもね。
だからこんな会話(↓)がリアルでなされるのか…

ある日、リビングでくるくると舞っている私(←家族の前では常に変な行動・動作をしていますw)に対して…
妹:「おいお前、踊ってんな。キモイ、ウザイ」
そんな妹を、近くにいた母がいさめます。
母:「△△(妹の名)、○○(白桔梗の名)は一応“お姉ちゃん”なんだからそんな口きかないの」 ←でも半笑い
私:「そうだそうだー」 ←“一応”って…、と思いながら加勢してみた
妹:「はっ(嘲笑)。だって、こいつウザすぎるんだもん」
母:「あんたねぇ…」 ←やっぱり半笑い
私:「…………(´・ω・`;)」
(私の心:『私、アナタ(妹)に何かしましたっけ?』)

これが6つ(か7つ?)年下の妹のセリフですかね?
しかも母は半笑いだから全然いさめている感じじゃないし!ヒドイ!
まぁこのやりとり、うちでは日常茶飯事なんですけどね。
ちなみに妹は兄である弟に対してこんな口はききません。私より弟に懐いています。しかし私はめげずにそこに割りこみます。
…あ、だから蔑まれるのかな?(今、気づいた…)
あと、妹は弟のことも「お兄ちゃん」と呼んだことはこれまで一回もありません。妹は小さい頃から弟をあだ名で呼んでいます。まぁ私に対する呼び方に比べたらカワイイものですよ。


というか上記のようなことを書いたあとでナンですが、えー、キョーダイ3人の仲はとても良いのですよ(汗)
それは親戚のなかでも評判なくらい、と誤解無きよう書いときます。
恋愛関係のハナシはキョーダイ間でしかしませんしね…(するのか;)
ただ、「姉である私はこういう扱いです…(しょぼーん)」ということを言いたかっただけです。

で、こっから本題です。
(意味もなく折りたたんでみる)
【EDIT】  22:53 |  愉快な仲間たち  | TB(0) | CM0  | Top↑

2007.09.12 (Wed)
私は隠れオタクである。
弟はオタクではない。
私は家でしょっちゅう「アニメ!深夜アニメ!」と騒いでいる女である。
弟はそんな私をまるで宇宙人でも見るかのように眺め、苦笑している男である。

4月から大学のある千葉県で一人暮らしをしている弟は、遊びに飲みにサークルにと、大学生の青春を存分に謳歌しているらしい。私と違い社交的で、友達も沢山いる弟。まさに「今時の大学生★」という感じの奴。
ただ「オタク」という奇異な人種(私ね♪)が身内にいるために、オタクに対してさしたる嫌悪感はないようだ。

そんな弟、私があまりにもアニメ!と騒いでいたのもあってか、一人で生活していてものすごーく暇な時に某動画サイトで(弟でも名前を知っていた)ある有名なアニメを見てみたらしい。
それが「涼宮ハルヒの憂鬱」「新世紀エヴァンゲリオン」
……なんというラインナップ…(゜д゜)。フフ、いいよいいよぉー♪

これが割と面白かったようで、ほんのちょっとだけアニメ話に花が咲く。嗚呼、お姉ちゃんは嬉しいよ。
その中で気になった会話を抜粋↓

私:「お前はハルヒのキャラの中で、誰が好きなの?ハルヒ?みくる?長門?それとも…」
弟:「キョン!」
私:「え?あ…キョン!?」
弟:「キョンまじ面白れー。俺キョンが一番好き」
私:「はぁ……さいですか」
(私の心:「え、男って普通はハルヒとかみくるとか長門とか、女の子キャラが好きなんじゃないの?なにコイツ男キャラ即答してんだ?別にいいけど…」)

私:「じゃあ、いっちゃん…古泉一樹はどうよ。あたし一番好きなんだけど」
(正しい訳↑「ガチホモはどうよ。あたし古キョンが大好きなんだけど」)
弟:「古泉?あー…まぁまぁかな。やっぱキョンだろ。キョンが一番面白れーよ!」←超力説
私:「…キョンすか…。うん、まぁキョンくんは可愛いよね」
(私の心:「キョンとお前だったら、お前はー…攻めかな。弟×キョンか…」)

って、自分自重!!
さすがに弟で妄想するのは無理があったわ…orz しかも三次元×二次元って…;
ほんとダメな姉だな。妄想はほどほどに~。


* * * * *
(ここでちょっと話が飛ぶが…)
私は高校時代までオタクではなかった。漫画は好きだったけど、オタクではなかった、その自覚はちゃんとある。
オタク(かつ腐女子)になったのは大学に入ってからだ。
だから地元の友達にオタク仲間はほとんどいない。ほぼみんなノーマル。そしてみんな私がオタクだと知らない。

友人Mくらいだな、地元の友達で同じオタなのは(ちなみに友人Mは小学生の頃からオタクだった。もう別格)
* * * * *

話が脱線したけど…
そんなわけで実家に帰ってきてる今、しょうがないから弟を誘ってみました。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を見に行こうと。
隠れオタクな私は、アニメ映画にやっぱりノーマル友達は誘えない。絶対に無理。唯一誘える人は友人Mぐらいだけど、友人Mは平日は仕事だ。一人で行ってもいいけどなんか躊躇するし……この際だから、と誘ってみたら弟は案外あっさりOK。

で、昨日行ってきましたよ。ヱヴァ見に。



うん、とても良かった
ネタバレはしないけど、各所の評判通り!
気になる人は見に行ってみるといい。
エヴァ知らない人も、いや知らない人こそ行くといい。
別に知らなくても大丈夫。面白いと思うはず。行って損はしない。
(あー、早く次回作見たいな!)



帰りの電車にて、弟との会話(小声で☆)

私:「そうだ。お前、レイとアスカとシンジの中では誰が一番好きなの?」


弟:「シンジ」←即答

Σ(゜д゜)おまっwwwwww



  **************
《拍手レス♪》
9月12日(0時頃)『セブンデイズ』の拍手をポチッとしてくださった方へ
うおー嬉しい!ありがとうございます。
余分なことまで書いたのに押してくださって感謝です☆
【EDIT】  14:04 |  愉快な仲間たち  | TB(0) | CM2  | Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。