読んだ本(漫画、BL本含む)の感想や日常などをつらつら書いてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLCD感想メモ♪
2009年04月19日 (日) | 編集 |
よっしゃ!久しぶりにBLCDの感想いってみよう!
…といってもメモ程度です。ご勘弁を~。




【BLCD】
「Papillon de chocolat」(原作:崎谷はるひ)
《「しなやかな熱情」シリーズCD特典 番外編ミニドラマ》
小山臣: 神谷浩史
秀島慈英: 三木眞一郎  他


いや~超久方ぶりにBLCDを聴いたんすよ。
そしたら濡れ場を聴いて居たたまれなくなってしまったという。
あああ~~~声優さんスマン~~~~!!(汗)><;
と、BLCDを聴き慣れない頃とまったく同じことを思ったww
まー2回目は余裕ぶっこきながら聴きましたけどね^^b

内容は…甘甘甘あっまーーーーーーーー!!!!!!
特典だし番外編だし、めちゃ甘いっす。桃色っす。
臣と慈英の雰囲気や声色がお互いにものすごく優しくて
その後の二人のラブラブっぷりを存分に堪能しやした。

てかね…
臣(神谷さん)の「抱っこして」発言に興奮してぶるぶる震え、
神谷さんのおしゃぶりに鳥肌たったよ!(爆)う・ま・す・ぎ・て!!!!

喘ぎながら「自分でしていい?」とか「いじめてほしい」とかゆって
萌えすぎて燃えすぎて口から魂出るかと思ったよ!!まじで!
はぁー。甘えんぼな神谷浩史に萌え殺されかけました私…(笑)

ああ、やっぱこのシリーズ大好きだ。
臣も慈英も大好きだ。ヒロシもミキシンも大好きだ。
ごちそうさまでした^^



あざやかな恋情 (幻冬舎ルチル文庫)あざやかな恋情 (幻冬舎ルチル文庫)
(2006/11/15)
崎谷 はるひ

商品詳細を見る

「Papillon de chocolat」という話自体は
シリーズ三作目の『あざやかな恋情』に収録されてます☆





【BLCD】
「カフェラテ・ラプソディ」(原作:川唯東子)
芹沢基: 鈴村健一
津田・マクラウド・恵人: 羽多野渉
白石: 小西克幸

  
原作も可愛らしく甘い話で好きです。
その雰囲気がそのままCDになったような良質さでした^^

わたわた慌てた感じの恵人(羽多野さん)が可愛かった!!
好きな人(主人公)にストレートに感情を見せる恵人を
羽多野さんが演じることでさらなる可愛さを引き出していましたね。
鈴村さんもセリのイメージに合っていました。演技も◎。
主人公にしなだれかかる小西さんもなんかツボでした(笑)

あとフリトCD(特典?)のコニタンにめちゃ笑ったわ!テラ別次元www
鈴村さんのむちゃぶりに必死に応える羽多野さんにも笑った。
てかフリト全体で鈴村さんに振り回されとるよ彼…ww

聴いていて超ほのぼの~と和んだBLCDでした。
泣き虫ケイトがいいわぁ~かわゆすだわぁ~(*´∀`*)ニヤニヤ
と、そんな感じで大満足でっす!!ww



カフェラテ・ラプソディ (ビーボーイコミックス)カフェラテ・ラプソディ (ビーボーイコミックス)
(2008/07)
川唯 東子

商品詳細を見る

原作もかなりほのぼの~♪
小さい猫と大きい猫がじゃれあっているようなイチャつき^^

スポンサーサイト
BLCD「同級生」(原作:中村明日美子)
2008年06月29日 (日) | 編集 |
はい! 記念すべき(?)初のBLCDレビューでっす!

レビュー第一弾はどのCDにしようかとずっと悩んでいました。
でもやっぱ最初は爽やかなやつよね~♪と、これをチョイス。
友人MにCDを大量に借りて、どれから聴くか悩んだときにもこう思ったんだった、確か。
だって課題の息抜きに濃ゆいの聴いたら、きっと頭のネジぶっとんでワケわからなくなりますもん。結果、これから聴いて正解☆

やっぱりCDも爽やかだし、キラッキラしてた!笑


…ただ、レビューといえるほど自分の感想がしっかり書けてないのが悔しすぎる><;
というか、BLCDレビューが自分の想像よりもはるかに難しくて、感想を書いている途中で途方にくれました(汗&泣)
萌えをピックアップした雑感(つまりBLCDメモw)になりましたが、それでもよろしければ一番下の続きをどうぞ;;

●2008年の私的ベスト本最有力候補である原作の感想は→こちら


同級生同級生
(2008/04/25)
ドラマ

商品詳細を見る

■キャスト■
草壁光:神谷浩史
佐条利人:野島健児
原学:石川英郎  (他)

■CDのあらすじ■
合唱祭前の音楽の授業中、メガネの優等生・佐条利人が歌っていないことに気付いた同級生の草壁光。佐条は歌なんかくだらないからと思っていたが、ある日の放課後、誰もいない教室でひたむきに歌の練習をする佐条の後ろ姿をみて思わず声をかける…。思春期に揺れる少年たちのスローテンポな恋とじれったくもあまずっぱいドキドキした気持ちを丁寧に描いた、さわやか系ピュア・ラブストーリー!

感想は以下から。
※ちなみにストーリーについては全く触れていない上にネタバレしており、ところどころ身も蓋もない表現をしている箇所があります(汗)
[続きを読む...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。