読んだ本(漫画、BL本含む)の感想や日常などをつらつら書いてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あらら…
2006年12月31日 (日) | 編集 |

 気づいた。気づいたよ。

 普通、一年間の総決算的なもの(例えば一年間のベスト本を決める…とか笑)って

大晦日にやるよね……

 

って、もう今日やん!!今日、大晦日やん!

あーあ。

 

じゃ、もういいよ。新年明けて1/1、世間がバカみたいに浮かれ騒いでいるときに、一年間で読んだ本(漫画、BL本含む)を振り返ってやるよ。

そうだな、どうしよう…。「白桔梗的 読んだ本アワード 2006(仮)」。

普通こういうのって、その年に発行された本を対象にベストを決めるよね。

でも私は2006年に発行された本をそんなに多く読んだわけじゃないんだよな…。まぁ、そん中で白桔梗的ベスト本を決められないことはないけど……なんかすごく薄くなりそう。

というわけで、発行された年とかあまり気にしないで、ごちゃ混ぜでいくかも。とにかく私が2006年に読んだ本の中でのベスト、ということで考えようかな…うん。

 

話は変わって…

実家に帰ってきて読む本がない(『風が~』は再読してるけど)ので、実家の本棚をごそごそと物色していたら、変な本を見つけました。

 題名→『やんごとなき姫君たちの秘め事』(桐生操/角川文庫)

 おとーたま!おとぉーたま!(たぶんお父上の本だと思われる…)

なんじゃい、この本。と思ったけど、面白そうだから読んでみることにした。

うーむ……うむ。まだ冒頭しか読めてないが、思ったことは…

 

この本、エロおかしい!(爆)

 

いやー……別にエロ本とかでは全然ないんだけど、なかなかおおっぴらに読める本ではありませんな(笑)

ふつーにエロい単語とかがズバズバ出てくる。そして可笑しい。

内容は(中世?)ヨーロッパの王侯貴族たちの「夜の生活」に関するエピソードが満載、といったところか。

ためにはならないけど、「へー」と思うことが多くて、普通の書物としても面白い。

 

驚いたのは、「桐生操」って女性二人の共同ペンネームなのねってこと。

つまり女の人がこの本を書いていることにビックリ。てっきり男の人が書いてると思ってた。

意外だ~。でも、ちょっと嬉しい。

 同シリーズには、『やんごとなき姫君たちのトイレ』と『やんごとなき姫君たちの寝室』(共に角川文庫)というのがあるみたい。『トイレ』気になる!(笑)

スポンサーサイト
今年は絶対に見てやるぞぉ~
2006年12月30日 (土) | 編集 |

もうすぐ箱根駅伝なので、『風が強く吹いている』を再読している。

そうですよ。そのためだけに、わざわざ実家まで持って帰ってきたんですよ、この厚い(熱い?)本を。

でもねーでもねー。

読んだら分かると思うけど、箱根駅伝の直前にどうしてももう一回読まずにはいられないんですよ、これが。

本当に。

 それほどに素晴らしく良い本です22

 

はじめて読んだのは11月の初旬。

泣いたし、絶対に2007年の箱根駅伝を見ようと誓ったね。

 

とにかく面白すぎる!!!のよ。

読んだことがない人は是非読んで!絶対、後悔しないから!!私が保証するから!

  

              

 表紙イラストも大好き♪装画を描いた人の愛がこもっているのがよく分かる。

 

そんでもってねー

私が持っているのはねー

 

ぐふふ…(変態?)…

 

              

そう!

三浦しをん様の直筆サイン入りなのです!!いえーい420

 (この青い変なクマはたまたま実家にあった。白桔梗の本名を隠しているだけで、サインとは全く関係なし) 

 

十月に西荻ブックマークで開催された三浦しをんさんのトークショーに参加したんですよ。

そこでサインしてもらいました。

三浦しをんさん、ホント素敵な人だ!優しいよ~!

まじで愛してます!!きゃー266266

 

今、振り返ってみると今年は本当にいろんな作家さんのイベントに参加したなー。

 →三浦しをんさんのサイン会

(これは紀伊国屋新宿本店で行われた『まほろ駅前多田便利軒』のサイン会です)

→あさのあつこさんのサイン会

(これも同じ紀伊国屋で。あさのあつこさんも超イイ人だった~^^)

 →森博嗣さんの名刺交換会

(このお方の前に立つのは、かなり緊張しましたよ…笑)

 →雪乃紗衣さん&由羅カイリさんのサイン会

(お二人とも(ついでにその各担当編集者も含めた四人とも)すっごく綺麗なお姉様でした)

 →三浦しをんさんのトークショー

(上記の西荻ブックマークのやつ。紀伊国屋で私が来たこと覚えててくれた!)

 

ざっと思い返してみただけでこんだけある。

ふぃ~充実した年でしたよ。

 

あと、1/1ごろに「白桔梗的 BOOKアワード 2006」でも決定しようかな。

まぁようは、私が今年一年で読んだ本(漫画、BL本含む)の中で、ベストを発表しようかなというだけ。

詳細は後日の記事で。 

風が強く吹いている 風が強く吹いている
三浦 しをん

新潮社 2006-09-21
売り上げランキング : 359
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

どうしようもないな…自分
2006年12月28日 (木) | 編集 |

 冬休みのため一時的に帰省中。

バイトしてます。某デパートの地下で正月のおせちの惣菜売ってる。五日間だけの短期バイト。

 

物語はせこせこ書いてるけど、実家は読む本がなくてつまんないー。

積読本は下宿先だしなー。たなぞうにも感想書けないし…。

 じゃあ…まあ、戯れ言など書きますか(恥)

 

 

家族の中で、私がBL本を読んでいるのを知っているのは弟と妹だけ。

両親にはもちろん知られていない(というか、知られてたまるか!)

の、はずだった……

 

 

 そして、ちょっと前の「やってしまった話」になるわけです。

 

ことの発端は、帰省する直前に、ヤフオクで剛しいらさんの絶版BL本『花扇』を落札したことだった。

ほくほくと出品者さまとお取引をし、発送先を(帰省することを考慮した上で)実家に設定。

どうせ届くまでに時間がかかるし、実家で直接私が受け取ったほうがいいな、とか思っていた。

 しっかーし!

なんと予想以上に商品が早く届き、実家から電話がかかってきやがった…

(↓以下、実際の電話でのやりとり)

 

母:『○○(白桔梗の本名)、アンタになんか届いてるわよ』

私:「…ッ!(一瞬息が止まる) 開けた!!??」

母:『開けてないわよ。アンタのもの勝手に開けたりしないよ』(←ちょいキレ気味)

私の心の声:(あ、あ、あっっぶねぇぇぇーーー!)

母:『コレ、開けて中身を確かめたほうがいいの?』

私:「え、え!?…ち、ちょっと待って」

 

 ――そして思案する私。

 

ヤフオクには出品者さまを評価する機能があって、商品が届いたことをお知らせするためにも、なるべく早く中身を確認して評価したほうがいい…

 

『花扇』はBL本だけど、山田ユギ様の表紙イラストは男同士であからさまに絡み合って組んずほぐれつしているわけでなく、BLに知識のない人だったら中の挿絵を見ない限り普通の小説だと思うだろう…

 

私が帰るまであと四日か…。こうなったら母さんに商品だけ確認してもらおうか。どうせ本は透明なビニールに包まれているだろうから、中は読めないだろうしね…きしし(爆)

 

 私:「あー、あのさー。その小包あけてさー、中の商品だけ確認してもらっていい?」

母:『あぁ?(キレ気味) 開けるの?じゃ、開けるよ……バリバリバリ(←茶封筒を開ける音)』

私:「『花扇』っていう本が入ってるでしょ?」

母:『…ああ、『花扇』っていう題名の本だよ。これでいいのね?』(←なんとなく歯切れが悪い)

私:(何も気にせず)「そうそうそれそれ合ってる。じゃ、透明なビニールは絶対に開けないで、そのまま私の部屋に置いといてねー♪」

 

 とまあ、こんな感じで電話のやりとりは無事終わったと思ったんですよ……

 と・こ・ろ・が!

数日後、いざ実家に帰って商品を見て………

 

 

 

 んぎゃあああぁぁぁぁーーーーーーーーー!!!!

 

 のこと忘れてたぁぁーーー!!チキショー!

 

 

 

  帯の文…… 〈男に抱かれるんじゃない 男を喰っているのだ。〉

 

きわめつけはその下の小さな文

 

 

 

 〈お前に惚れたら辛いだけか?〉

 

 

 いや、今私が辛いっす…OTL 

ハンパなく辛いっす

えーん。

バレたかなぁ?バレたよね?

なんかわからなくても、とにかくヤバイものだってのはバレたよねぇ……(死亡)……

 

 母さんはそれについて何も言ってこないけど…

 へーん、もういいんだ。いいんだもん。どんとこい!(何が?

 嗚呼、男がエロ本見つかった時もこんな感じなのかもね…(遠い目)

 

ブログはじめました。
2006年12月27日 (水) | 編集 |
衝動的に上(↑)の言葉が言いたくなったので、「ブログはじめました」。


はじめまして。白桔梗と申します。
小説家を目指している学生です。(ああー、こう書くとマジで胡散臭い感じになるな…笑)
周りの人には言えないけど、小さい頃からなりたいと思い続けてる職業だったりします。

世知辛い世の中、自分の本当にやりたいことが(ものがものだけに)大きな声で言えないこともしばしば…。
それが結構しんどいです。
このブログで、そんな鬱憤を晴らそうと画策中。むしろ、そのために作ったようなものだし。


私にとって、本を読むことと書くことは「生きること」と同義です。
全く読めない書けない環境に置かれたら、生きてないだろうな、たぶん。
尊敬してやまない作家・荻原規子さんの言葉を借りると、「物語を読み、書くことは〈呼吸〉みたいなもの。自分にとって当たり前のこと。吸うのが読むことで、吐くのが書くこと。吸って吐いての両方がないと、生きていけない」。


最近は(友人の影響で)BLというジャンルにまで手を出し、腐女子デビューまで果たしてしまった…(滝汗)
なので、このジャンルが苦手な方は逃げてください。


小説・漫画の感想や日常をマイペースに綴っていきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。