読んだ本(漫画、BL本含む)の感想や日常などをつらつら書いてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上田規代『コイノイロ』
2007年07月31日 (火) | 編集 |
短編集の感想を書くのが苦手だ。

上手く書けないような気がするし(最初から上手くなんか書けてねえじゃねーか、というツッコミはナシで)、何より一話一話ちょこまか感想を書くのが面倒くさいからだ。
…………ダメ人間すぎるぞ、自分。

うーん、いろんな書評ブログさまは本当に凄い。
いつも物陰からこっそり覗かせていただいている。(そして本当にお世話になっております。ペコリm_ _m)

まぁ、そんなダメ人間な私がどうしてこの漫画(短編集)の感想を書こうと思ったかというと、それは…

大好きだからさ!(理由になってねー…)

もう絵柄がガチで好み(ちなみに表紙の絵はあまり参考にはならないかも)だし、話も良い!!
これは感想書かなあかんやろ。というワケでかる~く感想書いてみた。


コイノイロ HertZシリーズ19コイノイロ HertZシリーズ19
(2006/11/01)
上田 規代

商品詳細を見る

あらすじと感想は以下から。
[続きを読む...]
スポンサーサイト
どわぁぁ!神と神が…!
2007年07月29日 (日) | 編集 |
木原音瀬さんの『美しいこと』(10月発売)の挿絵を日高ショーコさんが、『無罪世界』(9月発売)の挿絵をよしながふみさんが描かれるという私的同士のコラボが続いている嬉しい今日この頃。




そして、ついにきましたよ……



神・荻原規子先生と神・三浦しをん先生の


スペシャル対談!!




神と神が対談する!?神同士のご対面!?
もう鼻血を出してぶっ倒れそうです。
なんなんだ、一体なんなんだ!?これは夢か?あたしが勝手につくりだした幻想か!?



もちろん幻想などではない。
「乙女と隠れ腐女子のための読書案内」と題して、次号の活字倶楽部(’07秋号)誌上でこの夢の対談が行われるのです!!ここ参照。
ありがとう、かつくら

っていうか、その対談…透明人間になってこっそり生で見てぇっ!
もし諭吉さんを払って見学できるんだったら、喜んで払うわっ!
♂×♂好きさんに100の質問
2007年07月24日 (火) | 編集 |
なんか不意にやってみたくなったので、やってみました100の質問。
たまにはいいかな。
ま、BLに興味のない人はポカーン('Д')でしょうけど。

100質はボーイズラブ探求サイト-BL HEART-さんからお借りしました。

興味のある方だけどうぞ~。
※かなり下品な部分も何箇所かあるので注意してください(失笑)
[続きを読む...]
今日の戦利品♪
2007年07月13日 (金) | 編集 |
TS290112katta.jpg
↑これ。
(inまん○らけ)

《BLマンガ》
『キスブルー』:木下けい子
『くちびるの行方』:大和名瀬
『コイノイロ』:上田規代
《BL小説》
『水曜日の悪夢』:夜光花
『目を閉じればいつかの海』:崎谷はるひ
『もう二度と離さない』:樹生かなめ
『私と猫と花の庭』:月宮零時


…って、何が「戦利品♪」だよ!
自重するんじゃなかったのか!?
俺はそんなに我慢できない男…じゃない、女だったのか!?
見損なったよ!まったく!もうすぐテストなのに…。

と、まぁひとしきり憤ってみた(失笑)
あっそうだ。いつき朔夜さんの新刊が8月に発売するらしい。
うん、絶対買うぜ!

そろそろ何かの感想書こうかな~。

(※追記)
[続きを読む...]
!!!!!!
2007年07月03日 (火) | 編集 |
一昨日、無事『牛泥棒』が手元に届いた。
ホリーの帯予告には10月に『美しいこと(上)』が発売すると書かれている。
「美しいこと」はいろんな人が各所で単行本になるのを待ち望んでいる木原作品の筆頭だったので、私ももちろん気になっていて、ずっと読みたいと思っていた。

帯を見て…
「『美しいこと(上)』単行本化だ!10月発売!わ~い♪」
とか言いつつ絵師さんの名前にふと目がいく……

―――――ッ!!!!!!??
ぎゃああぁぁぁぁぁ!!!!日高さんだ!!!
挿絵っ、あたしの愛している日高ショーコさんだよぉぉ!!!


前からずっと「日高さんって小説の挿絵はかかないのかなぁ」と思っていたのだよ。
〈木原音瀬×日高ショーコ×美しいこと〉
って、何このあたし的最強コンビネーション
嬉しい!嬉しすぎる!!神たま、ホリーたま、ありがたふ!“orz(土下座)
木原せんせー!日高せんせー!愛してます


もちろん雑誌掲載時の奥田七緒さんの絵も(オクの写真で)見たことがあるし、嫌いじゃない。
むしろ雑誌で「美しいこと」を読んだ人にとっては奥田さんの絵のほうが思い入れがあるかもしれない。
だけど許して。喜んでいるアタシを許して。牛泥棒をかかげて部屋の中で小躍りしたアタシを許して。
だって狂いそうなほど大好きな日高先生が、私的木原先生の作品の挿絵を描くのよ。喜ばずにいられますか!

と・に・か・く

あたし10月…じゃない下巻が出るまで、絶対死ねない!!
いや…死なない!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。