読んだ本(漫画、BL本含む)の感想や日常などをつらつら書いてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
可南さらさ『水に眠る恋』&『微熱の引力』
2007年12月30日 (日) | 編集 |
こんな2007年も終わろうとしている時期に、
これは…
今年のマイベスト本に影響しますぞ…
(@□@;)ブルブル
という本二冊に出会いまして。
(ベスト本にはもう何も入りません、という飽和状態なのに…笑)
それが、初めて読んだ可南さらささんの作品『水に眠る恋』と、その次に読んだ『微熱の引力』です。

で、ちゃんと一冊ずつ感想書こうと思ったのですよ。実際書いてましたし。
だけど途中で「だめだ…。書けない…。」となりまして…。

私、かなり好きな作品って感想が思い浮かばなくなるのです。「ああー好きだ好きだ好きだ…(エンドレス)」という感情しか湧き出てこない。
ここがこう好きだとか、こうだからこう良かったとか、そのへんをうまく言葉にできないといいますか。
前からそんな傾向はあったけど、ご存知のとおり拙いなりに書いてはいたんです、感想。
でも今回はちょっと書いては消し、書き直しては消し…一向に進まない。
可南さんの作品がどうとかじゃないんです。
ただ日常生活で精神的にいろいろ追い詰められているさなか、パソコンがウィルスに侵されたりする事件も発生し、感想の筆が全くといっていいほど進まなくなりました。

って、ああ…なんか全部言い訳めいていますね。
ここは書評ブログではありませんが、本の感想もちょこちょこアップしている手前、それが書けないと言ってしまうのは非常に申し訳なく、情けなく、恥ずかしいです。
なんでだろう…。たぶん一時的なものだと思います。
ちゃんとベスト本も選出しますし、年明けには普通に小説や漫画の感想を書けると思います。少しだけお待ちください;;

と、ここまで書いて…
せっかく大好きだなーと思える本に出会えたのに、感想をアップできないのはやっぱりすごく悔しい!と思い直しました。
悔しすぎるから、一言でも短くても、思ったことを書いてやる!年内に!
そんなわけで、今この記事書いてます(汗)
※長い記事で、しかもお見苦しくてすみません;;
でも下のこれ(↓)ちょっと頑張った証…。



水に眠る恋 (リンクスロマンス)水に眠る恋 (リンクスロマンス)
(2005/11/30)
可南 さらさ

商品詳細を見る


これは実は12月のはじめ、あの「地獄の一週間」に突入する前に一日で読みきりました。
もう何というか…すっごく好みな作品でした♪
なんだろうなぁ。
読んでいるあいだ、ずーっと涙腺がぶっ壊れてた気がします。
この作品の全体的な設定に、とにかく私は弱かったのかも。
しかも夜のプールで毎日のように会っていた高校生の時の思い出が綺麗すぎるんですよ。
まあ、同時に当人たちにとっては苦い記憶でもあるのだろうけど。
この高校時代の思い出が、この物語の根底に(+キャラの気持ちの根本に)あり続けるから、私はすごく好きなんだと思います。
中盤以降、尚哉(受)の家族が絡んでくるところは、感情移入しすぎて、胸が引きちぎれそうになりました。
久住(攻)・尚哉の性格や話の雰囲気も含めて、すごく好き!




微熱の引力 (リンクスロマンス)微熱の引力 (リンクスロマンス)
(2006/04/28)
可南 さらさ

商品詳細を見る


これは買ってすぐだから、10日ほど前に読了したのかな。
この作品もかなりツボだったのです。
割とありがちな設定なのに、一字一句隅々まで読んで、物語を追わずにはいられない。これは可南さんの力量でしょうね。
あと『水に眠る恋』を読んでいた時にも思いましたが、可南さんは登場人物の心情やその変化を、とても細やかに丁寧にお書きになる方ですね。
特にこの作品は、ストーリーの展開にあわせて前半は有村(攻)の気持ち、後半は譲(受)の気持ちが少しずつ変わっていく様子がしっかり描かれていました。
登場人物の突然の心情変化で「あれ?」と首を傾げてしまう小説や漫画も多いなか、こういう作品は読んでいてとても気持ちがいい!
文章もすごく好きですね^^
なにはともあれ、可南さんの作品にハマりそうな予感です。
スポンサーサイト
一万HIT&一周年記念
2007年12月27日 (木) | 編集 |
「My Lost Garden」を開設して、今日でちょうど一年経ちました。
ふとした気まぐれではじめたこのブログをここまで続けてこられたのは、来てくださる方々やコメント&拍手してくださる方々のおかげです。


ありがとうございます


これからも感想書いたり、日常書いたり、ぎゃーぎゃー騒いだりすると思いますが、どうか温かい目で見守ってやってください。
よろしくお願いします。




では以下、一万HIT&一周年記念の企画です。
…が、自作小説に興味のない方は本当に本当にスルーしてくださいね!(必死)
[続きを読む...]
やっと…
2007年12月26日 (水) | 編集 |
更新できました(汗)
こんなテキトーな記事ですみません。
感想も一生懸命書いてます。…が、まだ途中(汗)

実はマイノートパソコン“しろ子”がウィルス(と思われるもの)に侵されまして、パソの中身を一からインストールし直すという大変な作業に追われていました(滝汗)
でもそのおかげで私がコツコツとためたネットのお気に入りが全部消えるという…(泣)
ほんとね、ものすごく膨大な量があったの…(泣)

たくさんの大好きブログが詰まったお気に入りのフォルダがなくなったのが一番痛かった…!
泣いていいですか?泣いていいですか?
…っ、うわぁ~~~ん!!(号泣)

今日はこれで勘弁してください。(←誰に言ってんだ?)
明日はブログ一周年です。
誰も楽しめない一万ヒット企画もやっちゃうぜ☆
というわけで皆さん、回避よろしくお願いします(汗)


071226_2210~01

本日お化粧品、一新!!
(写真がないと味気ないと思ったけど、我が部屋の天井と私の影まで写っていますね…苦笑)
資○堂のと迷ったけど、今回はカネ○ウで統一。
あ、決してカネ○ウの回し者ではありませんよ(汗)
あと貧乏学生の身分なんで、品物の質に関するツッコミはなしで;;
まぁ、どうでもいいね(苦笑)



《拍手レス♪》
[続きを読む...]
雑記でスミマセン…
2007年12月22日 (土) | 編集 |
“本”という紙媒体が好きだ。
手に持って、自らの指でページをめくる。
あの重み、形、手触り、匂い、自分の手元にあるという実感…
全てが好きだ。

だから小説や漫画の商業作品は、ちゃんと“本”になっていないと嫌だ。
…そりゃあさー、本はどんどん増える一方で場所も取るわ。
で・も
ちゃんと手で紙をめくって読みたいのよ。

最近は電子書籍っていうのかな、流行っているね。
これからのご時世、かなりの幅を利かせてくるのかもしれない。
でもゴメンネ。私はアレ好きじゃない。
ケータイで小説読むとか漫画読むとかは、もっと耐えられない。
(電子書籍が好きな方、すみませぬ…;)

だから、水城せとなさんの『窮鼠はチーズの夢を見る』の続編
「憂鬱バタフライ」や「梟」が携帯で読めるとわかっていても、読んでいなかった。読みたかったけど、なんか踏み切れなかった。

…でもね、どうしてもどうしても我慢できなくて
ついに一昨日の夜、月額料金払ってダウンロードしたさ!読んださ!
はっきり言って、ケータイで漫画を読むのはすっごい違和感があったし、絶対に“本”という形で読むほうがよかったよ。それは断言できる。だけど…

水城さんサイコー!
「憂鬱バタフライ」と「梟」、最・高!!
(「梟」はまだ続いています。現在は第二話)

もうね!午前4時ごろ部屋で悶えまくりましたよ。
その日(昨日のことね)の昼から二つの会社のセミナーがあるのに、そんな時間にゴロンバタンゴロンバタン部屋を転げ回ったさ(笑)
ったく、本の感想も書かずに何してんだろうね。

おかげで昨日は大変だった。
寝不足の上に、大移動のハードスケジュール。
いつものごとくスーツ着て、おりこうさんの顔して。(苦笑)
絶対に遅刻はできないから、昼ご飯を食べる暇もなかった。
お茶をたった一口飲んだのが、唯一の昼ご飯といえるかしら。

※ちなみにセミナー後、近くの書店で『大奥③』(よしながふみ)を
五回ほど手にとって逡巡したが、結局買わなかった。
買えばよかったかな…?でも読む暇が…(汗)

まー、結局何が言いたかったかというと…
(以下、今日の一言と拍手レス)
[続きを読む...]
あーあー
2007年12月19日 (水) | 編集 |
やってしまったよ…
たかがレポートごときで、ザ・完徹☆
うまく書けなくて結構苦労したぜ…(滝汗)

本当に一睡もしてない自分に乾杯!(^◇^)ノ ←ちょっとハイ(笑)

でもヤバイな;;
さっき鏡見たら目が充血してました(汗)
目薬がめちゃくちゃしみるぅー(>△<;)
お肌にも健康にもよろしくないし、今日は早く寝よう。


まあレポートは無事終わって、提出もしたから一安心なんだもんね。
やっとやりたいことやれるよ。うれしいのぅ。

でもその前に鬱憤を晴らさねば…!
というわけで、みなさんもうお分かりですよね^^
このあとの私の行動(苦笑)


ほいっとな。
071219_2032~01

■今日の収穫(5冊)■
『SEX PISTOLS③』 寿たらこ
『思い過ごしも恋の内』 ヤマダサクラコ
『微熱の引力』 可南さらさ
『耳をすませばかすかな海』 崎谷はるひ
『本当のことは言えない』 椎崎夕

まぁ、いつものごとく沿線のまん○らけです。
売った数と同じ冊数だけ買ったという(汗)
本が…減らね…orz  ま、いっか♪


ていうか、こんな記事でスミマセン;;
感想書きたい小説がいっぱいあるんです。
でも今日はそんな体力残されていないのです。
とりあえず…買ったBLでも読んでムハムハします(笑)
感想は明日以降、頑張りますよ!あと、例のやつも書かなきゃな…。




《拍手レス♪》
[続きを読む...]
ややや…
2007年12月17日 (月) | 編集 |
やばい!

やばいよぅ!!(感涙)

今回は春永さんのところで見つけてしまった…!
これを…↓


美しいこと下


なんか、この表紙(上下)たち…

無性に愛おしいんですけど!!

やっぱり繋がる絵柄だと思っていたよう!
うえぇ~~~ん(感激)

日高さぁんっ、日高さぁぁぁん!!

(↑もはや名前を呼ぶことしかできない。笑)
山本小鉄子『過ぎる十七の春』(原作:小野不由美)
2007年12月16日 (日) | 編集 |
今日はまた中身のない感想書きますよ。

本作は、BL漫画ではありません。
小野不由美さんの『過ぎる十七の春』という小説の漫画版で、山本小鉄子さんが描いています。
両氏とも大好きな作家さんですね。

(※余談:同じく山本小鉄子さんが描いている漫画版『黒祠の島』(原作:小野不由美)は、私の頭の中に原作小説の完璧なイメージが出来上がっているので読んでいません。)

『過ぎる~』の原作も既読ですが、読んだのは中学か高校のとき(それさえもあやふや)なので、完全にストーリーを忘れています。
だから、購入したのはストーリーを思いだすためでもあります(苦笑)


過ぎる十七の春 1 (1) (バーズコミックス)過ぎる十七の春 1 (1) (バーズコミックス)
(2007/11/24)
小野 不由美

商品詳細を見る

以下、あらすじと感想(ネタバレ率低め)と拍手レスです。
[続きを読む...]
『ergo vol.2 ~木原音瀬セレクション~』
2007年12月14日 (金) | 編集 |
えへへ。買いました。

そして帰りの電車の中で読んでいたら、あまりにも夢中になりすぎて
降りるべき駅で降り忘れ、ひと駅乗り過ごしてしまったという…。
ハッと気づいたときには、ドアがプシュ~と閉まっていたのですな。

ergoを買ったときは電車関係で失敗する私。(前回もそうだった;)
多分、注意力が散漫になっているんだな。
気を付けよう…。

『ergo vol.1』の感想は→こちら


ergo Vol.2 ~木原音瀬セレクション~ (プラザMOOK Holly COMIX) (プラザMOOK Holly COMIX)ergo Vol.2 ~木原音瀬セレクション~ (プラザMOOK Holly COMIX) (プラザMOOK Holly COMIX)
(2007/12/11)
木原 音瀬

商品詳細を見る

以下、感想(ネタバレ含む)と拍手レスです。
[続きを読む...]
1万HIT
2007年12月12日 (水) | 編集 |
おぅっ…!
私が死人になっていた時に、いつのまにか一万ヒットしていた模様です。
うれしいなぁ。(*/д`)
全てはここに来てくださる方々のおかげですね。

ありがとうございます

本当に、
素直に、
すごく嬉しい。

だってこのブログ、最初は「誰か見てる人なんているのか?」と思うような、本当に私のヒトリゴトだけを書き綴っていたブログだったんです。
カウンターなんか設置したけど、日に数人来てるか来てないか。
小説家になりたいとか言ってて、BLの感想も書いてて、くだらない雑記でぎゃーぎゃー、…ね(笑)
うざいブログ。通りすがりで見てくれる人そう思ったかもな。自分でわかってるもんな。

でもそうやって開き直りながら、ちまちまと書き続けて良かったです。
相変わらずのカオスブログ、今では生活の一部ですもん。

来てくれるだけで、ありがたい。
拍手ポチっとしてくれたら、次も頑張って書こうって思う。
コメント残してくれたら、すっごく喜んでいる自分がいる。
…でも、やっぱり来てくれるだけで嬉しいや…


これが、本心。
見てくださっているのがどんな方々で、そしてどのような記事を望んでいるのかあまりわからないので、このブログは未だ迷走中ですけど^^;
でもマイペースに好きなように更新していく感じで、いいのかな?
たぶん、そのほうが長く続けられる気はします。


んで、一万ヒット記念(?)としてやろうと思っていることがありますの。
(折りたたみます;)
[続きを読む...]
浮上!
2007年12月10日 (月) | 編集 |
ということで予定より早く浮上しました。
でも、ほんと…死ぬかと思っ…た…(;_ _)

ここ一週間の平均睡眠時間は2~3時間。
ご飯は食べれて2食、食べれない日で夕食のみ…とか。
本当に切羽詰まると、食事がノドを通らなくなるんですね。
小食でもつらくなかったのが意外です。

でもそのおかげで、ここ一週間ちょいで体重2キロ減!!
喜んでいいものなのか?でも嬉しいの。
やっぱ食べないと減るもんなのね。身をもって知りました。
せっかくの理想体重なんだからキープしなきゃ!

なぜこんな忙しかったかというと、
まあアレですよ。大学の勉強カンケイです。
本当に倒れそうでした。常にふらふらしてたかも。
今も眠いです。目なんかシパシパしちゃってる。

しかし今回は自分…
ホントよくやったよ!頑張ったよ!
誰も褒めてくれないから自分で自分を褒めてあげるんだ(;へ;)

まだすべて終わったわけじゃないけれど、山場は越えた感じです。
今日は早く寝よう。やっと普通に寝れるもん(涙目)

というわけで、
もう三日間連続ゼミ発表は勘弁してもらえるかな(#^ー^)
しかも全部違う内容…。3種類のレジュメ同時作成とか…(死)



《拍手レス♪》
[続きを読む...]
し、死にそう…
2007年12月07日 (金) | 編集 |
すみませぬ…
ちょっとばかし…更新止まります…

ただいま寝ている暇もご飯食べてる暇もないほどキツイ生活を送っております、はい…orz
眠いから今日はもう寝ようかなー、なんて絶対言えない生活。
そのうち倒れるんじゃないかと思ったり、思わなかったり(苦笑)

あー!感想を書きたい小説や漫画がたくさんあるのに…!
悔しいぜ!というか、泣きたいぜ!(>д<)えぐえぐ

そうだなー。一週間くらい?
来週の水曜あたりには更新できる気がします。

それでは今しばらくお待ち下さい。
(って、誰も待ってないか…遠い目)

ergo2.jpg

アタシもokapiさんのマネして貼っておこう。
今、これを楽しみに生きていますよ…



《拍手レス♪》
[続きを読む...]
夏目イサク『どうしようもないけれど②』
2007年12月05日 (水) | 編集 |
最近、好きなBLマンガが豊作で、どれから感想を書くか迷いました。
でもまずはコレだろ、ということで(笑)

途中まで読んで気がついたんだけど、2巻で完結なんですね。
もうこの二人に会えないとわかって、すごくすごーく寂しい気持ちになりました(;へ;)
あと1・2冊続くと勝手に思っていたんです…。
えーん!もっと続いてほしいよう。…切ない…(涙目)

このシリーズ読んだことない方は読んだほうがいいです!(力説)
とってもキュンキュンなリーマンラブなんですよ。
もう今から読む方が羨ましいぐらいだ…

1巻の感想は→こちら
(なんかこのころの感想恥ずかしいな。しかも「基本的に新刊を買うことはあまりない」とか今となっては理解不能なコト言ってるし…)


どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
(2007/11)
夏目 イサク

商品詳細を見る

以下、感想とあらすじと拍手レスです。
[続きを読む...]
羞恥プレー
2007年12月02日 (日) | 編集 |
そんなこんなで、昨日もまた本屋に行って来ました。
お目当ての2冊+αを買えましたよ。↓

071201_2204~01.jpg

ただね、ちょぴっとだけ恥ずかしいことが…

私、小鳩めばるさんのマンガは小冊子付きが欲しくて、学校に行くときにアニ○イトに寄りました。けれどそこではもう品切れで…。
(ちなみに『どうしようもないけれど②』はこのアニ○イトで買いました。)
それならば、と今度は小冊子付きを置いている別の書店(ちょっと遠い)に取り置きしてもらうために、帰りに学校から駅まで歩きながら電話をしたのです。もちろん半径15m以内に誰もいないことを確かめて。

電話に出たのは男性の店員さんで、私は書名を告げて在庫状況を確認してもらいます。

私『(…確かダリアは)フロンティアワークス発行の…』
店員『フロンティアワークス発行の…』
私『小鳩めばるさんの…』(←“小鳩めばる”が意外に言いにくい件w)
店員『小鳩…めばるさん…』
私『「さわって、とかして。」というコミックスなんですけど、』
ちょうどこの部分↑で、私の真横をブロロロロロ~=3と車が通り過ぎたため…

店員『あの…、書名をもう一度お願いします

なっ!このちょっと恥ずかしいタイトルをもう一度言えと!

私『えっとっ……「さわって、とかして。」…だったような気がします(^-^;)ゞ』(←チキンww)

一回ならさらりと言えたのに、繰り返すのは恥ずかしかった…
まったく、とんだ羞恥プレーだぜ!(恥)
しかも最後ヘタレたし…。
出版社の名前をしっかり覚えていて、タイトル名が曖昧なんて明らかに不自然だから自分。

店員さんは『さわって、とかしてですね』とか再度しっかり確認してきましたが、それもまた…(恥)
きっと店員さんからしたら何とも思わないことなんでしょうけど、うら若き乙女(←自分で言うな!怒)が往来で「さわって、とかして」なんて何回も言うのはキツかったです、はい^^;

んで、とりあえずここで取り置きしてもらえることに成功☆
私はその日のうちにその本屋に本を取りに行きました。

普段は降りない駅の近くの、比較的大きな本屋。
本屋中央の大きなレジの横にサービスカウンターなるものがありまして、そこで取り置いてもらった本を受け取ります。土曜で人もかなり多かったので、そこのサービスカウンターでも少し待ちました。
やっと本を受け取って、店員さんに指示された通り横のレジに移動して会計を済ませるのですが、ここにも結構人が並んでいます。

私も(表紙イラストをうまく手の影で隠しながら)大人しく並んで順番を待ちました。その間にも人は途切れることなくどんどん後ろに並んできます。
やっと私の順番になって、おそらく先程電話対応をしてくれた方とは違う男性店員さん(←声が違った)にお金を払いました。その方が本にカバーをかけて、袋に入れてくれます。が…
(意味もなく図↓を作ってみる…)

    〇〇〇〇〇〇〇〇  ←並んでいる客
    〇 ―――――――
 私→〇  〇  〇  〇   ←客
  ―――――――――――
    レジ レジ レジ レジ
    〇  〇  〇  〇   ←店員

ちょっと待ってくださいよ…(汗)
ここの本屋の袋って透けてるのね…(汗汗&嫌な予感)

店員さんが袋に本と小冊子を入れると、小冊子が表側にきました。
つまり…
男二人がくっつき合っているイラストが完全に透けています

そ・し・て…
嫌な予感をひしひしと感じている私に、案の定店員さんは袋を掲げるように持ち上げながら渡してきたのですな。
透けている男たちのイラスト面がこちら(私と順番待ちの客たち)にガンガン見えている…

ぎゃぃーっ!!
後ろに大勢のギャラリーがいるだろうがぁ!!
こっちみんな、じゃなかった、こっちみせんな!!
その透けてる面をあえて見せるように袋を掲げるなぁ!!
ああああ…orz(恥&壊)

きっとふつー店員さんはそんなこと気にしないのだろうね。
わかってはいるんだけど、恥ずかしさのあまりその時は心の中で叫ぶしかなかったし、ここにもそのままの叫びを書きつづってます^^;

その後もちろん私は「BL買いましたが何か問題でも?」というすました顔で袋を受け取り、レジから去りましたがね…。恥ずかしかったなぁ。すぐ後ろにたくさん待ってたものな。
自意識過剰かな…?でも絶対見てたよなあの客とか…。
ま、この場合は開き直るしかありませんね。
見よ!老若男女たちよ!我がBL勇者の神髄を!(←?)

最後に懲りずにBLコーナーを視察しに行ったら、『さわって、とかして。』は残り一冊でした。ふー、ギリギリだったか。


買った2冊は昨日の時点でもう読み終わっています。
両方とも萌え萌えすぎるぅっ…!ヽ(*´∀`*)ノ
大好きだー大好きだー!!
恥ずかしかったことなんて忘れましたとも(笑)

感想を書きたいなぁ。だけど如何せん時間が…orz
まぁ、マイペースに更新していきます(涙)




《以下、拍手レス♪》
[続きを読む...]
榎田尤利『アパルトマンの王子』
2007年12月01日 (土) | 編集 |
姉はいません。兄もいません。
弟が一人と、妹が一人います。
――私は長女です。


この本の主人公は長男。
私よりも弟や妹が多くて、環境だって境遇だってもちろん全然違います。

だけどね…
榎田さんの著作の中ではおそらく普通レベルに位置するであろうこの本
私はなぜだかすごく共感してしまう部分があったのですよ!!


アパルトマンの王子 (キャラ文庫 (え1-4))アパルトマンの王子 (キャラ文庫 (え1-4))
(2007/11/27)
榎田 尤利

商品詳細を見る

ということで、以下あらすじと感想(ネタバレあり)と拍手レスです。
[続きを読む...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。