読んだ本(漫画、BL本含む)の感想や日常などをつらつら書いてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BL小説感想メモ ~ルチル文庫編~
2007年10月24日 (水) | 編集 |
最近買ったルチル文庫を、立て続けに読みました。

うん、これが結構どれも楽しめたのです♪
ということで、今日はまとめて感想メモです。

○『蜜月~Honey Moon~』 雪代鞠絵
○『盃、いただきました』 小川いら
○『70%の幸福』 桜木知沙子


以下、この3作品のあらすじとひとり言を呟いています。
(&拍手レスも☆)
○久しぶり
蜜月~Honey Moon~ (幻冬舎ルチル文庫 (ゆ1-7))蜜月~Honey Moon~ (幻冬舎ルチル文庫 (ゆ1-7))
(2007/09/14)
雪代 鞠絵

商品詳細を見る

【あらすじ】
すぐに忘れるから…との切ない誓いのもとに、姉の婚約者・久我貴博に一度だけ抱かれた由生。
あれから三年――姉の失踪をきっかけに由生は貴博の住む英国へ赴くことに。
昔と変わらず優しい貴博に由生は恋心を募らせるが、それを必死で隠そうとする。
しかし、雪に閉ざされた冬の古城で、由生は貴博に組み伏せられ愛される夢を見てしまい――!?

【感想】
街子さんは表紙買いしたくなる絵師さんの一人です。
ところで、攻めがお金持ちの作品は久しぶりに読んだかも。セレブもたまには良いですなー。
攻めと受けは日本人ですが、舞台はイギリスの古城です。
姉の婚約者に恋する受け、という設定は「ビューティフル・サンデー」と似ていますね。
本作も面白かったです。
いい感じで受けに感情移入できて、わりと切ない気持ちになれました。
何度でも言いますが、私は「切なくて切なすぎて……だけど最後には幸せのラブラブになれる物語」が大好物です♪



○ほのぼの~
盃、いただきました (幻冬舎ルチル文庫 お 1-4)盃、いただきました (幻冬舎ルチル文庫 お 1-4)
(2007/09/14)
小川 いら

商品詳細を見る

【あらすじ】
父親を亡くしたばかりの高校生・乃木坂澪の前に現れたのは、ダークカラーのスーツにサングラスで身を固めた美貌の男・高原誠司。
暴力団組織の顧問弁護士だと言う高原に澪が聞かされたのは、自分でも知らない出生の秘密だった。
澪は指定暴力団赤間組組長の孫で、3人の兄がいるらしい。
しかも、赤間組では澪を「跡継ぎ」として歓迎しており!?

【感想】
ほわぁ~、ヤクザものなのにほのぼのしてます、これ。
こういうヤクザものも良いですな~。とてもアットホームな雰囲気です。
澪は高校二年生にしては可愛すぎる気もしますが、強面の男達ばかりの組の中ではなおさら癒しの存在になっています。
兄達や組長である祖父やその他の組員が、澪を大切に思い可愛がっているさまに頬がゆるみます。
特に澪にメロメロな組の人達を見てニヤリとする私。
って、高原(攻め)のこと全然書いてなかった!まぁ、そのへんは読んでください;(丸投げ)
それにしてもこの話、脇役濃いな~。次作ではお兄ちゃんたちの続編だもんな。



○ネガティ~ブ
70%の幸福 (幻冬舎ルチル文庫 さ 4-1)70%の幸福 (幻冬舎ルチル文庫 さ 4-1)
(2007/07)
桜木 知沙子

商品詳細を見る

【あらすじ】
理学療法士の日垣航星がリハビリを担当している創の父親・御木本隆一郎は、初対面から航星に冷たい態度を取る。
最初は反感を覚えていた航星だったが、隆一郎が不器用なだけで本当は子どもを愛する優しい人と知り、気になる存在に。
御木本もまた航星と次第に親しく接するようになる。
やがて御木本への想いを自覚した航星は、遠ざかろうとするが…。

【感想】
桜木さんの本はこれまで一冊も読んだことがなく、今回『HEAVEN』と迷いながらもこっちを買いました。
だって表紙の子どもが可愛かったんだもん…!
子連れ攻めとネガティブ受けの話。
受けは私が今年読んだBL本の中でNo.1ネガティブかもしれない。
嫌な感じのネガティブではないんですけどね、「こんなに想われてる(のが分かりやすい)のに、なんでアンタはそんな風にマイナスに考えちゃうの?」とこちらとしてはウズウズしてしまう(笑)
子どもを置いて出ていった母親のことやノンケの攻めが受けを好きになる理由が薄めということなど、いろいろと賛否両論はありそうですが、私はあまり考えず(爆)ふつーに楽しめました☆
攻めが子どものことをちゃんと大事に育てているのが大きかったかな。
P159の挿絵が一番好きです♪




《拍手レス♪》
10月23日の9時頃と20時頃に「しゃにむにGO27巻」の拍手をポチッとしてくださった方々へ

うわーいヽ(´∀`)ノ 拍手ありがとうございます!!
しゃにGO好きな方々かな~?嬉しいです♪
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
今回はこちらにカキコミを…。

桜木さんの本の受は「70%~」に限らずいつも、ネガティヴなんですよ(笑)
そして攻がとてもかっこいいんです。

HEAVENは大好きな一冊です。
桜木作品の中では一番好きですね~。
発売日に買ってから何年も経ってますが、何度も読み返してます。

切なくて切なくて最後にハッピーエンドものっていいですよね~。

「どうなってんだよ」と「金の鎖が支配する」という本もわたくし的にはオススメです。


蜜月・・・ちょっと気になっていたので、ますます読んでみたくなりました!
今度手にとろうと思います~。
2007/10/25(Thu) 18:27 | URL  | 蒼 #-[ 編集]
なるほど!
蒼さま、コメントありがとうございます♪
コメントはどこでも大歓迎です(^o^)/

なるほどー、桜木さんの受けはネガティブっこ(?)が多いのですね。参考になりますm(_ _)m

って、おぉうっ!「HEAVEN」もいっしょに買えばよかった…orz
迷ったんですよねー。挿絵は両方とも麻々原さんですし…。
はい、今度買います!!
(「どうなってんだよ」と「金の鎖が支配する」もリストに入れさせていただきましたー☆)

「蜜月」、なかなか面白かったです^^
雪代さんの作品は切ない系がより好みかもしれません。
2007/10/25(Thu) 21:27 | URL  | 白桔梗 #hrzdXNtM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。