読んだ本(漫画、BL本含む)の感想や日常などをつらつら書いてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっとした出会い
2007年11月19日 (月) | 編集 |
昨日、BL本が充実していない本屋(←家から一番近い)にルチル文庫の新刊を探しに行った。
……自分、なに不毛なことしてるんだろう…orz

案の定、ルチル文庫なんて影も形も見当たらなかったワケで。
なんかムショーに悔しくなって、隣の古書店に入った。



バカ野郎。俺は学習しない女(自分)は嫌いだ。

と、ひとり呟いてみる。


071118_1744~01 6satu
また画質ワル…(-"-)

というわけで(どんなわけだ)
読む時間ないのにまた買っちゃったよ。


自分はバカだと思うけど、あんまり後悔はしていない。
だってずっと探してた本に出会えたしね。

●『ハンサムは嫌い。』 榎田尤利
●『DEEP BREATHING ~深呼吸~』 神谷凪
→欲しくて探していたのは、この2冊!
榎田さんのはなかなか入手できなかったもの。神谷さんのはaya-meさんのレビューを読んでから気になっていたもの。

●『フラワー・オブ・ライフ』②④ よしながふみ
●『罪の褥も濡れる夜』 和泉桂
●『メリー・ゴゥ・ラゥンド』 窪スミコ
→4冊。
清澗寺家シリーズは、実は『紅楼の夜に罪を咬む』(←手元にはある)以外既読しています。
でも『罪の褥も濡れる夜』は持ってなかった(そして安かった)ので購入。


 * * * * *

あー、ルチルどうしよう。
もうちょっと皆さんの感想が出揃うまで待とうかしら…。
読む時間も限られてるし、未読本も山ほどあるからなー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。