2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

夏目イサク『どうしようもないけれど②』

2007.12.05 (Wed)
最近、好きなBLマンガが豊作で、どれから感想を書くか迷いました。
でもまずはコレだろ、ということで(笑)

途中まで読んで気がついたんだけど、2巻で完結なんですね。
もうこの二人に会えないとわかって、すごくすごーく寂しい気持ちになりました(;へ;)
あと1・2冊続くと勝手に思っていたんです…。
えーん!もっと続いてほしいよう。…切ない…(涙目)

このシリーズ読んだことない方は読んだほうがいいです!(力説)
とってもキュンキュンなリーマンラブなんですよ。
もう今から読む方が羨ましいぐらいだ…

1巻の感想は→こちら
(なんかこのころの感想恥ずかしいな。しかも「基本的に新刊を買うことはあまりない」とか今となっては理解不能なコト言ってるし…)


どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
(2007/11)
夏目 イサク

商品詳細を見る

以下、感想とあらすじと拍手レスです。

【More・・・】

【あらすじ】

島野にお見合い話が持ち上がる。相手は上得意先のご令嬢。
反対するかと思われた黒川は、自分が口出しすべきことではないと、煮え切らない態度。
社長の息子としては断りきれず、見合いに出向く島野だが……。
果たして黒川の真意は!?
描き下ろし35ページ超!!
中篇「春なので」も収録した、大人気リーマンシリーズ完結巻!!


【感想】

「内緒の話は明日まで」
「たぶんきっとあの時に」


島野のお見合いの話(上)と誕生日の話(下)。
黒川と島野のカップルが、私はすごく好きだ!
二人ともお互いを好きな気持ちが、イチャイチャシーン以外でも結構リアルに伝わってくるんだもん。そうそう、こういう時はこう思うわよね、という具合に。
もちろんイチャイチャシーンは大好きすぎて、悶えちゃいます♪


「みんなの街の電気屋さん」

『どうしようもないけれど』と『ノーカラー』のコラボマンガ。
『ノーカラー』はまだ読んだことがないけれど面白かった。
だから読んだことのある人はきっと何倍も楽しめるし、お得気分なのね。
今すぐ『ノーカラー』読みたくなった!買ってこようかな。
あ、この話でも黒川は妬いています(笑)


「春なので」
「春なのに」
「もうすぐ夏なのに」


この三作(「春なので」シリーズ?)は『どうしようもないけれど』とは別ものです。
大学生と花屋さん、同級生同士の話です。
恋愛はまだ始まったばかりのようですが、面白いのでとても満足です♪
二人の学生服姿も好きだ!


「フラワーフライデー③」

『どうしようもないけれど』の書き下ろしで、会社の慰安旅行での話。
温泉です!浴衣です!これは萌えるしかないでしょ!!
黒川は相変わらず妬いています(笑)
湯上がりでほこほこしている島野はきゃわゆいし、
なによりあの場面は表情が色っぽすぎるよ!!
(黒川じゃないけど)顔がにやけるってもんです(*´∀`)ノ


「おまけ4コマ」

あーもーね。これもにやにやしながら読んじゃったよ。
なんか二人が可愛すぎて、一コマ一コマじっくり見ちゃう。
島野と黒川は一生こんな感じで仲良くやっていってほしいな。


書き下ろしがたっぷりで、お得すぎる一冊だった!大好きだ!
この定価が安いくらいですな。
こういう素敵すぎるBLがあるから、明日もまた頑張ろうかなと思うのよ。
生きてかなきゃ、萌えられもしないもの。




《拍手レス♪》
12月2日に「ちょっとした出会い」の拍手をポチッとしてくださった方へ

ありがとうございまーす!!過去記事の1ポチも大歓迎です♪
そうそうこれは「やっぱり本(特に古本)との出会いは一期一会だなぁ」と実感した日の記事でありました^^
【EDIT】  09:35 |  ★BL漫画  | TB(0) | CM0  | Top↑
コメント
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。