2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

雑記でスミマセン…

2007.12.22 (Sat)
“本”という紙媒体が好きだ。
手に持って、自らの指でページをめくる。
あの重み、形、手触り、匂い、自分の手元にあるという実感…
全てが好きだ。

だから小説や漫画の商業作品は、ちゃんと“本”になっていないと嫌だ。
…そりゃあさー、本はどんどん増える一方で場所も取るわ。
で・も
ちゃんと手で紙をめくって読みたいのよ。

最近は電子書籍っていうのかな、流行っているね。
これからのご時世、かなりの幅を利かせてくるのかもしれない。
でもゴメンネ。私はアレ好きじゃない。
ケータイで小説読むとか漫画読むとかは、もっと耐えられない。
(電子書籍が好きな方、すみませぬ…;)

だから、水城せとなさんの『窮鼠はチーズの夢を見る』の続編
「憂鬱バタフライ」や「梟」が携帯で読めるとわかっていても、読んでいなかった。読みたかったけど、なんか踏み切れなかった。

…でもね、どうしてもどうしても我慢できなくて
ついに一昨日の夜、月額料金払ってダウンロードしたさ!読んださ!
はっきり言って、ケータイで漫画を読むのはすっごい違和感があったし、絶対に“本”という形で読むほうがよかったよ。それは断言できる。だけど…

水城さんサイコー!
「憂鬱バタフライ」と「梟」、最・高!!
(「梟」はまだ続いています。現在は第二話)

もうね!午前4時ごろ部屋で悶えまくりましたよ。
その日(昨日のことね)の昼から二つの会社のセミナーがあるのに、そんな時間にゴロンバタンゴロンバタン部屋を転げ回ったさ(笑)
ったく、本の感想も書かずに何してんだろうね。

おかげで昨日は大変だった。
寝不足の上に、大移動のハードスケジュール。
いつものごとくスーツ着て、おりこうさんの顔して。(苦笑)
絶対に遅刻はできないから、昼ご飯を食べる暇もなかった。
お茶をたった一口飲んだのが、唯一の昼ご飯といえるかしら。

※ちなみにセミナー後、近くの書店で『大奥③』(よしながふみ)を
五回ほど手にとって逡巡したが、結局買わなかった。
買えばよかったかな…?でも読む暇が…(汗)

まー、結局何が言いたかったかというと…
(以下、今日の一言と拍手レス)

【More・・・】

小○館さんよ、
「憂鬱バタフライ」と「梟」を含む『窮鼠~』の続編を
絶対に書籍化してください!!

というか、するべきだ!!
これは多くの人に読まれなきゃいけない!
そこんとこ、是非ともよろしくお願いします!!
売れるから!マジ、売れるから!
というか買うから!!

(一言じゃねー;そしてエラそう;;)


071221_2109~01

あ、昨日帰ってきたらこれが届いていた♪
「キャラ文庫創刊10周年記念」の全員サービスの小冊子。
よっしゃ、じっくり読むぞ!ムフフ…




《拍手レス♪》
12月21日(17時頃)、「このBLがやばい!」の拍手をポチッとしてくださった方へ

わーい、ありがとうございまぁすっ!!
大雑把な感想ですみません;;過去記事の1ポチとても嬉しいです♪
【EDIT】  22:13 |  ごちゃまぜ雑記  | TB(0) | CM2  | Top↑
コメント
■ごろんごろん☆
白桔梗さん!!真夜中に読みましたか!
そのまま目がギンギンになりますよね。翌日はご苦労さまでした。

私は駅まで読みながら歩きましたよ。途中捻挫するかと思った。
私も、紙、紙でよみてぇっす!!(ノд-。)
okapi |  2007.12.22(土) 23:04 | URL |  【編集】
■むふふふ…
実は、okapiさんの記事を読んでダウンロードすることにしたのですよー!
こりゃー心を決めてダウンロードするっきゃないな、と(笑)
導いていただいて、感謝しております♪

もう目ギンギンですよ!!
落ち着いて眠りにつくこともできませんでした(苦笑)

携帯だと、ページ全体を見ることができないのがもどかしかったです。
ほんと書籍化してくれなかったら、小○館を恨みますね(;>д<)
白桔梗 |  2007.12.23(日) 00:11 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。