読んだ本(漫画、BL本含む)の感想や日常などをつらつら書いてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイベスト本2007 (小説編)
2008年01月02日 (水) | 編集 |
私が2007年に読んだ小説の総数は177冊でした。
約二日に一冊のペースで小説を読んでいる計算になりますね。
読了目標が年間150冊以上だったので、なかなかいいんじゃないかと思いきや…

一般小説→ 30冊    BL小説→ 147

………(・ω・`)絶句。

例年に比べて一般小説読んでなさすぎ…!!
全体数の一割半程度って、どゆことっすか!?
月に2,3冊しか一般小説を読んでないことになるのか。うーん。

でも、それだけBLの虜になっていたということですね。
BL小説だけで150冊近く読んでいるということは、BL漫画をあわせると一体どれだけの数になるのか…。あわわ;
まぁ、楽しかったから全っ然後悔してないけど!(笑)

ということで、こちらマイベストの小説編です。
【一般小説部門】と【BL小説部門】に分けました。
全て私が2007年に読んだ本の中から選んでいるので、2007年刊行本と既刊本はごちゃまぜです。
【BL小説部門】のほうは、三段階に選り分け欲張って詰め込みました。つまり、これまたかなりの数になったわけです(汗)

非常に個人的な意見なので、気にしないでくださいな。
めちゃめちゃ長いです、多いです。
では、どぞー。↓
【一般小説部門】
ベスト

該当作なし

大っ変!申し訳ございませんっ!!誰に対して謝っているのかわかりませんが、とにかくスミマセン…!!2007年のベストは「該当作なし」です…(滝汗)
何しろ読んでる数が少なかったからか、2006年の時のように胸を張って「ベストだ!!」と言える作品に出会えませんでした。
だからといって、私が2007年に読んだ一般小説がダメだったというわけではなく、私がダメな奴なんです(大反省)
それに面白かった作品にはたくさん出会えました!その中でも「特に」と思ったのが以下の三作です。



良かった! (順不同)

『海の底』 有川浩
→「図書館戦争」シリーズよりこちらを選出。この作品は去年の年明けすぐに読了したのかな。全体的な物語の設定(&展開)や人間外生物(?)の設定は『空の中』のほうが好みですが、キャラクターは『海の底』のほうが好きです♪

海の底


『チーム・バチスタの栄光』(上・下) 海堂尊
→かなり暮れに読みました。評判どおりの面白さで、ぜひ続編も読みたいです!小説の個性的なキャラクターが好きなので、映画は見ないかも…。

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))


『真鶴』 川上弘美
→文のリズムがとても色っぽくてお気に入りです。話はなんだか不思議ですが、心に迫るものがあります。読後の余韻も印象的。川上さんの著作はあまり読んでないので、これを機にもっと読もうと思いました。

真鶴







【BL小説部門】
ベスト (順不同)

『牛泥棒』
『美しいこと』(上) 木原音瀬

→両方、文句なしにベストです。
『牛泥棒』は痛くないほのぼの(?)木原作品。徳馬(受)の「ノー褌」を筆頭に、ところどころ異常に萌えさせていただきました♪『美しいこと』はとにかく下巻が待ち遠しい。早く松岡を幸せにしてやって!お願いします木原先生!

牛泥棒 (Holly NOVELS)美しいこと(上) (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)


『永遠の昨日』 榎田尤利
→もう物語の序盤から、主人公たちも読者も予感はしているかもしれない。私も泣くんだろうなと思ってはいたけれど、そう思いながら読んではいたけれど、やっぱり泣いたね。どうしようもないけど、泣くしかなかった。

永遠の昨日 (CROSS NOVELS)


『水に眠る恋』 
『微熱の引力』 可南さらさ

→先日短い感想を書いたばかりですね。二作ともかなり好みの作品でした。2008年は可南さんも読破していかなければなりません。

水に眠る恋 (リンクスロマンス)微熱の引力 (リンクスロマンス)


『夕陽と君の背中』 六青みつみ
→これは読み終わった瞬間に「ベスト入れるんだろうな」とぼんやり思った作品。高校生同士の恋。ノンケの攻めとゲイの自覚がある受けの心情が、とてもリアル。お互い、迷って悩んで苦しんで憤って…。最後まで読んでやっとホッとできた。理屈じゃなく、なんか好き。

夕陽と君の背中 (リンクスロマンス)


『コンティニュー?』 いつき朔夜
→いつきさんの作品は嘘偽りなしに全て大好きですが、その中でも特に好きな作品です。「家族」がテーマとなっている話ですね。ほんわか温かい気持ちになれますよ。私は読後、ひたすら幸せな気分に浸っていました。

コンティニュー? (新書館ディアプラス文庫)


『くるぶしに秘密の鎖』 秀香穂里
→シリーズ一作目の『くちびるに銀の弾丸』は2006年に読了してます。『くるぶし~』を読んで一気に秀さんの作品にハマりました。仕事描写とエチ描写がたまらんのです!

くるぶしに秘密の鎖 くちびるに銀の弾丸2 (キャラ文庫)


『いとしさを追いかける』 杉原理生
→えっと、この作品はですね、ひとえに攻めキャラ・掛井が私の好みのど真ん中でしてね、ベストに入れざるを得ないんですよ(笑&恥) でも各所で、実は腹黒いんじゃないかと囁かれている掛井です(あとは「何を考えているのかわからない」とか笑)。えー私はそうじゃないって信じてますよー(苦笑)

いとしさを追いかける (幻冬舎ルチル文庫 す 2-1)


『言ノ葉ノ花』 砂原糖子
→人の心の声が聞こえるという設定をこれほどうまく料理してしまう砂原さんに乾杯!以前の感想ではひたすら萌えに特化して書きましたが、本当は結構考えながら唸りながらホロリとしながら読んでいました。

言ノ葉ノ花 (新書館ディアプラス文庫 169)


『好きこそ恋の絶対』・『君こそ僕の絶対』・『恋する絶対の法則』(絶対シリーズ) いおかいつき
→ビバ関西弁美人受け!ビバ年下大型ワンコ攻め!!とひたすら萌えたシリーズ。(ベストの中で)「萌え」だけで考えたら、ノー褌にかなり迫るかも(笑)萌えどころが違うけど…。

好きこそ恋の絶対 (幻冬舎ルチル文庫)君こそ僕の絶対 (幻冬舎ルチル文庫)恋する絶対の法則 (幻冬舎ルチル文庫)


『DEAD LOCK』・『DEAD HEAT』・『DEAD SHOT』(DEAD LOCKシリーズ) 英田サキ
→エンターテインメントBLを堪能させてもらいました!一番好きなのは『DEAD LOCK』ですが、やっぱり三作そろってないとね。ユウトとディックが幸せになって、一安心しましたよ(笑)

DEADLOCK (キャラ文庫)デッドヒートDEADLOCK2DEADSHOT―DEADLOCK3 (キャラ文庫 あ 4-3) (キャラ文庫 あ 4-3)





準ベスト (順不同)

『シナプスの柩』(上・下) 華藤えれな
→「スレイヴァーズ」シリーズと並んで好きな華藤さんの作品です。記憶喪失もの。すごく読み応えがあります。上下巻まとめて一気に読むといいですよ!

シナプスの柩(上)シナプスの柩(下)


『honey』 
『ビューティフル・サンデー』 雪代鞠絵

→この二つの良作のおかげで雪代さんにハマりそうな私です。二つとも結構な年の差カップルの話です。切なくて、でも(最後は)甘くて…良いです。

honey (ショコラノベルス)ビューティフル・サンデー


『ドアをノックするのは誰?』 鳩村衣杏
→なんだろう…、キャラ設定と筋書きがすごく斬新に思えた作品です。かなり楽しみながら読みました。

ドアをノックするのは誰? (二見シャレード文庫 は 3-6) (二見シャレード文庫 は 3-6) (二見シャレード文庫 は 3-6)


『COLD SLEEP』・『COLD LIGHT』・『COLD FEVER』(COLDシリーズ)
『リベット』
『秘密』
『吸血鬼と愉快な仲間たち』①② 木原音瀬

→こりゃー…もうどうすればいいんだ?
えー…、大好きです!!(ヤケ)
実は全部「ベスト」に入れたかった作品。はい、心の中ではベストです(笑)

COLD SLEEP (ビーボーイノベルズ)COLD LIGHTCOLD FEVER (ビーボーイノベルズ)
リベット (Holly NOVELS)秘密 (Holly NOVELS)吸血鬼と愉快な仲間たち Holly NOVELS吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)


『午前五時のシンデレラ』 いつき朔夜
→小倉弁の攻めが特徴的な作品です。あと、いつきさんはストーリーの組み立て方とまとめ方がうまいですね。面白かったです。

午前五時のシンデレラ (新書館ディアプラス文庫 167)


『もうひとつのドア』 月村奎
→エロは薄めですが、受けに感情移入しすぎてポロポロ泣いた記憶があります。不幸な生い立ちの受けが、大人の攻めに優しくされる話です。(って、合ってる?)

もうひとつのドア (新書館ディアプラス文庫)





おしい! (順不同)

『子供に内緒で』 いおかいつき
→不器用で真面目な攻めが出てきます。子供に人気のおにーさんが出てきます。そんな二人の素敵な恋の話です♪(なんだ?この文…)

『透過性恋愛装置』 かわい有美子
→キャラクターがとても面白いです。濡れ場で豹変した牧田さん(攻)に驚きました。でもナイス!

『臆病な背中』 おのにしこぐさ
→自分が大学生なのに、「へー大学生ってこんなに遊んでるんだー」と思った作品(笑) 再読率がなぜか高いです。

『専属契約』 橘紅緒
→頑張らないと橘さんの話が読めない女です(苦笑)でも好きなんだけどね橘さんの文。読後の素敵な余韻を味わいました。

『恋愛証明書』
「白鷺」シリーズ 
「ブルーサウンド」シリーズ(全作品) 崎谷はるひ

→2007年一番多く読んだのは崎谷さんの作品です(その次が木原さん)。崎谷作品の濡れ場はともかく(笑)文章は好きなほうなので、ついつい読んでしまいます。あまり深く考えず、私的萌え度の高かった作品&シリーズを挙げてみました。


子供に内緒で (リンクスロマンス)透過性恋愛装置 (CROSS NOVELS)臆病な背中 (新書館ディアプラス文庫)専属契約 (SHYノベルス146)
恋愛証明書 (幻冬舎ルチル文庫)キスは大事にさりげなく (角川ルビー文庫)手を伸ばせばはるかな海 (角川ルビー文庫)振り返ればかなたの海 (角川ルビー文庫)




あーん!!BL小説まだまだ全然入れ足りない!!
もっとある!もっとある!!

実はこの記事を書いている途中、頭がこんがらがってワケわからなくなりました(苦笑)今も若干、混乱中&取り乱し中。
おそらく「ベスト」「準ベスト」「おしい!」にほどんど差なんてありません。
だって、どれも良かったんです。決められませんよ。

ここに入ってないものの中にも、面白い作品や良い作品は山ほどありました。本当は全部列挙したいくらいです。
(砂原さんの『恋雪』や杉原さんの『世界が終わるまできみと』も三つのカテゴリーのどこかに入りそうですが、いま実家だから手元に本がないのでなんともよく分からず…ちょい断念。でも好きです!)


〔2008年の抱負
→一般小説とBL小説をバランスよく読む!
→山のような未読本をとにかく消化する!
→果敢に新規開拓する!



↓以下、番外編。


でも実は…
【神光臨】

「魚住くんシリーズ」 榎田尤利
①『夏の塩』・②『プラスチックとふたつのキス』
③『メッセージ』・④『過敏症』・⑤『リムレスの空』

→昨年、一冊だけ未読だった『リムレスの空』を読みました。もったいないからシリーズをちょびっとずつ読んでいたら、一冊だけ2007年に食い込んじゃったわけです。
そして、やっぱり「魚住くんシリーズ」は神でした。なんてったって『箱の中』『檻の外』・『ニューヨーク・ニューヨーク』とともに、私を腐の道に導いた作品ですもの。

夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)プラスチックとふたつのキス―魚住くんシリーズ〈2〉 (クリスタル文庫)メッセージ (クリスタル文庫―魚住くんシリーズ)過敏症―魚住くんシリーズ〈4〉 (クリスタル文庫)リムレスの空―魚住くんシリーズ〈5〉 (クリスタル文庫)



《拍手レス♪》
1月2日(19時頃)、「雑記でスミマセン…」の拍手をポチッとしてくださった方へ

ありがとうございます!
あの記事を読み返したら、自分が随分えらそうに語っていてヘコみました。熱い想いだけ伝わっていたら嬉しいです^^;
コメント
この記事へのコメント
コメしようしようと思いつつ、遅くなってしまいました。(汗

177冊!!!
すごいです。めっちゃすごいですっ。

私も総決算と称して、本にかけた値段とその感想をまとめてみたんですが(個人的に)
やっぱり一般小説が少なかったです。極端に!!!(笑

私も榎田 尤利さんは神がかってると思いますっ!
大好きです。
そして英田サキさんも!!

でもいい小説を読むと、感動はするんですが、凹みます。(自分の愚かさに……泣)
いったいこの方々の思考回路はどうなってるのかと
頭の中を覗き込みたくなる今日この頃です。

白桔梗さんも小説がんばってくださいね☆

では。お邪魔しました。


白桔梗さん榎田さんは

2008/01/11(Fri) 22:12 | URL  | Mち #-[ 編集]
Mちさん、こんばんは~♪
177冊でしたねー^^
「すごい」なんて言っていただいて照れくさいです(照)

私は本を読むのが遅いので「私にしては、これはなかなか頑張ったほうじゃないか?」とか思いましたが、一般小説の読了数を見て一人大反省会ですよ(笑)

榎田尤利さんサイコーですよね♪
特に魚住くんシリーズは、私の中で完全に神作品になりましたよ!もう大好きです!
英田さんもいいですよね^^
ただ2007年中に「すべてはこの夜に」を読めなかったことだけ悔いが残りました。
今年はぜひ読了したい!です。

良い作品には少なからず刺激を受けますね。
(たまに凹みますし…苦笑)
頭の中を覗き込みたくなる気持ちは、すごくよくわかります!(笑)

Mちさんも小説頑張ってください!
2008/01/12(Sat) 00:32 | URL  | 白桔梗 #hrzdXNtM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。