2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ヤマシタトモコ『タッチ・ミー・アゲイン』

2008.01.11 (Fri)
ヤマシタトモコさんの新刊、『タッチ・ミー・アゲイン』です。
前置きで多くを語らなくてもいいと思ったのですが、一言だけ…

やはり、ヤマシタさんは期待を裏切りませんね!

以前、友人から『くいもの処 明楽』を借りて、結構楽しく読みました。
だけど本作品もそれに負けないくらい面白かったです。
というか、私はほんのちょーっとだけ『タッチ・ミー~』のほうが好きじゃ!そう、なんとなく!


タッチ・ミー・アゲイン (ビーボーイコミックス)タッチ・ミー・アゲイン (ビーボーイコミックス)
(2008/01/10)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る

以下、あらすじと感想と拍手レスですよ~。

【More・・・】

【あらすじ】

7年前、お前は俺を抱いた。
でもそれっきり俺たちは、あの夜を忘れた『親友』の振りをし続けている…。
近くにいるからこそ相手の本心がわからない迷路。でも触って、見て、ぶつけてほしい。
あらゆる欲望が混在するその想いは、言葉にしたら「愛」なんだろう?
特別な想いを込めた短編集。


【感想】

本作は短編集です。
■表題作シリーズ
「タッチ・ミー・アゲイン」
■大きな短編三作(←日本語おかしい;)
「息をとめて、」
「Candied Lemon Peel」
「スターズ☆スピカ☆スペクトル」
■そのあいだに挟まれた数ページの短編三作
「ヘヴィ・シュガーの嫌がらせ」
「nuotatore nel cantero!」
「うしめし」
あとは最後に代表的な上4作の描き下ろしショートが載っています。


「タッチ・ミー・アゲイン」1~5
七年前に一度だけ関係を持ち、以来そのことを忘れたフリをし続けた友人同士のお話です。
Sっぽい攻めとヘタレ気味な受け。お互いがお互いのことを気になっていて、七年前のたった一日のことを忘れられなくて。
面白くて胸がジンジンしました♪(意味不明)
好きですし、モノローグもなかなか印象的です。

「息をとめて、」
きましたよ、ヘタレ親父受け。(でも、親父というほど親父ではないかも?わからんのう。)
受けしか見ていない一途な攻めもバンザイです。(Sだけどね…笑。ふふふ)
この話も好きだー!すごく萌えましたよ!
自分の想いをまっすぐ相手にぶつける攻めも、それにだんだんと堕とされていくヘタレな受けもたまらんかったです♪

「Candied Lemon Peel」
以前「GOLD」で読みました。でも読んだことあっても面白かったです。
女装好きで(実は)サディストな攻めと、名前コンプレックスな檸檬ちゃん受け。
名前がコンプレックスの場合は、逆に開き直って自分でネタにしちゃったほうが精神的に楽なんじゃないかな、とか私は思ってしまうのですが、本当に悩んでいるとそういうものでもないのかな。
受けにとっては幸か不幸かわかりませんが、二人がくっついて良かった(笑)

「スターズ☆スピカ☆スペクトル」
あ、おもしろーい。こんな幽霊モノはじめて読んだ!
↑これ直後の私の感想です。
でも、この感想とタイトルから皆さんが想像する話とは違うんじゃないかな。
まー、単純に言うと、明るい話ではないですね(苦笑)
どちらかというと切なくて胸が苦しくなる、と言ったほうが正しいです。
最後に、ピカッと光る星のような不思議な余韻を強く残しました。


とりあえず代表的な四作の感想を書きました。
ヤマシタさんの作品は、顔を赤らめたり、感じたりしている受け(の表情とか)が可愛いですね。
あとキャラたちの何気ない喋り言葉も結構好きだったり。

最後に載ってるこの四作の描き下ろしショートストーリーもすごく面白かったです。中の二作に特に盛大に吹き出しました。
でもでも、数ページの短編三作もぬかりなく面白いので(私は特に「うしめし」がお気に入り♪)、未読の方はぜひ読んでみてください。

いやはや…
まったく…
疲れた心と体に素敵なBLは効きますな~(*´∀`*)





《拍手レス♪》
1月11日(22時頃)、「学習しない女…orz」の拍手をポチッとしてくださった方へ

お!ありがとうございまーす♪
私はブクオフの前を通ったら、店内に入らなきゃ気がすまない女です(笑)そして買わずにはいられないんです^^;
【EDIT】  23:55 |  ★BL漫画  | TB(1) | CM2  | Top↑
コメント
■よかったです~
こんにちは、白桔梗さん

わたしのサイトに遊びに来てくださって有難うございました。

ヤマシタトモコさん、『くいもの処』では、イマイチ圧倒的人気を実感できなかったのですが、この本は確かに萌えがありました。

疲れた身体に、BLは本当によくききますよね。

それでは、失礼いたします。
kifu |  2008.01.16(水) 01:22 | URL |  【編集】
■あわわっ(汗)
kifuさん…!
こんな僻地のカオスブログにわざわざ来てくださって、しかもコメントまで残してくださって、こちらこそ本当にありがとうございます!ですよ。

(「貴腐人の館」のほうにもよくこっそりと遊びに行っています。これからもお邪魔すると思いますが、よろしくお願いします♪)

確かに私も『くいもの処~』の人気ぶりを我が身で実感したかと言われたら、首をかしげる人間ですね(苦笑)
面白かったといえば、面白かったんですが…うーむ。
やはりこちらのほうが好みです。

疲れると無性にBLの萌えが欲しくなります。
そういうときに『タッチ・ミー~』みたいなBLがあると嬉しくなりますね。
白桔梗 |  2008.01.16(水) 15:20 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
デビュー作『くいもの処明楽』で 昨年話題になったヤマシタトモコさんの新刊です。 今回はリブレのBBCでの出版となっています。 ヤマシタト...
2008/01/24(木) 17:26:00 | 腐男子な日常。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。