読んだ本(漫画、BL本含む)の感想や日常などをつらつら書いてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木原音瀬『美しいこと(下)』
2008年01月30日 (水) | 編集 |
この本の発売を、
一体どれだけの人が、
どれほど心待ちにしていたことか…!


どれほど心待ちにしていたことかっ…!!(強調)


生死を分けるテストがあるのに、一気読みしちゃった。
もう前置き書くのもモドカシイ!!
感想いっくぜー!!
(あ、上巻の感想はこちら


美しいこと(下)美しいこと(下)
(2008/01/29)
木原 音瀬

商品詳細を見る

以下、あらすじと感想です。
※最初に謝ります。
冷静な感想になっていません。支離滅裂です。
しかもネタバレモード全開なので、未読の方は続きを読まないほうがよろしいかと。思ったことばかりグダグダ書き連ねているので、話の筋を詳しく知りたい方も回れ右です。
(他のブログさんの感想のほうがはるかに参考になります…滝汗)
私の駄文でもよろしい方だけどうぞ。
【あらすじ】

松岡が気になる感情が、友情なのか恋なのかを知りたい。
そう感じた寛末は松岡と頻繁に会うようになる。
寛末にとって、明るくて楽しい松岡と過ごす時間はとても居心地がよかったが、その一方で、仕事ができて社交的、女性にもモテる松岡が、どうしてこんな自分を好きなのかと、卑屈にも感じていて…。
そんな折、社内で大きな人事異動があり…。
恋に落ちた二人の切ないラブストーリー。


【感想】

もうなんかね…なんて言えばいいんだろ…
胸が、苦しい。苦しかった。
松岡のことばかり想っちゃって、読むのがしんどかった。

なぜ私の大好きな松岡が、こんなにも苦しまなければならないんだろう。
読みながら私自身も苦しみ、寛末を恨んだ。松岡が泣いてる場面(涙を流しているいないにかかわらず)では、私もえぐえぐとベソをかきながら寛末を呪った。

扉絵がイイ感じだったから油断してたよ。
読んでも読んでも松岡は傷ついてばかり。
一体いつになったらこの扉絵の場面に辿り着くのか!ってね(笑)

読んでるあいだに何回、
「うわ~ん、松岡ぁぁぁぁぁぁぁ(泣)」
「おのれ、寛末ぇぇぇぇぇぇぇ(怒)」

と思ったことか(爆)

本書は、雑誌掲載されていた「美しいこと」の部分が少しと、あとは「愛しいこと」という大量の書き下ろしで構成されている。
「美しいこと」が上巻と同じ松岡視点、「愛しいこと」は寛末視点。

上巻を読んだ直後(二ヶ月前)から下巻を読む前まで、私はずっとその大量の書き下ろし部分に期待してたな、とふと思い出した。どうか幸せな松岡(と寛末)がいっぱい見れますように、と願っていた。
ふふ、木原さんはそんなに甘くはなかったわ。

全編を通して、松岡は寛末に振り回されている。
寛末に自分の想いを受けとめてもらえるかもと期待させられ、そのたびに裏切られる傷つけられる、この繰り返し。
皆さん、上の太字のような雄叫びをあげませんでした?(私だけ?)

「お願いだから…」
声が震えた。
「俺が寛末さんを好きだってことを、逆手に取らないで…」(P55)


うわあああああん(泣)
松岡ー松岡ぁー!
この場面だけじゃないけど、もうね、ほんとね松岡が痛々しすぎる。

私、松岡が大好きなの。
(ケーキの挿絵見ました!?あの嬉しそうにちょこんと座ってる松岡のイラスト!激萌え。かわええ。笑)
でも大好きだからこそ、余計にこっちまで大ダメージ;;
格好良くて、優しくて、可愛くて、男前で、いい人で、まっすぐで、強くて、脆くて、そして何より美しくて。

だけど、寛末が好きなんだよね…
あーん(涙)

まぁ、最後はハッピーエンドだから良かったけど。
それにしても(私を含め読者が)納得する場面にくるまでが長かった…。
最後の最後だよ、幸せの兆しが見えたの。

松岡、いっぱいいっぱい泣いて傷ついたんだから、その分幸せになんな。
というか幸せになってくださいお願いします。
これからは寛末を存分に振り回しちゃって!!


あ、この本の最後のページには小冊子とポストカードがもらえる全サの応募用紙がついています。(本書+郵便振替500円だけで応募できるようです。)
締め切りは2008年4月23日。
「ラブラブぶりを小冊子にしてお届けします」という文面にちょっぴりあざといな~と思いましたが(ゴホゴホ)
いやいや、
蒼竜社さん、ありがとう!
ファンは嬉しいでございます。ものの見事に踊らさせてもらいます。

あ、そうそう。最後にコレを叫ばねば…

日高さぁん!!
上下巻を通して、表紙と扉絵を含めた全てのイラストがやっぱり最高すぎましたぁ!
木原さんの世界が見事に表現されていて、微塵も違和感を感じません。
ピッタリです!!そして、愛してます!!




《拍手レス♪》
1月30日(20時半)にこの記事に拍手コメ(↓)をくださった匿名さんへ

拍手コメありがとうございまーす!!
『美しいこと(下)』は読んでください読んでください(笑)
感想はやっぱり駄文になりましたよ^^;
お、北国住まいですか!2日遅れなんですね。
嗚呼、そのもどかしい心中お察しします。でも読みながらも、のたうちまわると思いますが(苦笑)
同時刻拍手は匿名さんだったのですね☆ありがとうございます!共感していただけて身に余る光栄です。
あと、私も草間さん万歳!!
テストは…死にました(笑)たぶん。
コメント
この記事へのコメント
下が出てから、と上を温存していたのですが、漸く解禁です~。
これは上下でないと気になって、何も手がつかなくなりそうだったんですよね(苦笑)

これから読みます~!

そして白桔梗さんの記事を拝読したいです!
2008/01/30(Wed) 19:08 | URL  | 蒼 #-[ 編集]
お!
蒼さんは上下巻一気読み派ですね(笑)
それが賢明かもしれないです。私、続きが気になって仕方なかったですからね^^;
もう、お読みになられましたか?

感想は全然たいしたことない代物に仕上がりましたよ(涙目)
自分の文章力の無さに泣きそうです。
もし的外れなことを書いてたらスミマセン;;
2008/01/30(Wed) 22:41 | URL  | 白桔梗 #hrzdXNtM[ 編集]
本当に…
長かったですね…。
これでもかこれでもかと松岡の苦しみが続くので、読んでてすごく辛かったです。

寛末ムカつく!(笑)
こんな人物を造形できる木原さんって、やっぱりすごすぎです…。
2008/01/30(Wed) 23:47 | URL  | 春永 #Agdl6cYk[ 編集]
春永さんへ
やっぱり辛いですよね~><私だけじゃなかった…!
その「これでもかこれでもか」がしんどくて、ぐずぐず鼻をすすっていました(苦笑)

スミマセン、春永さんの「寛末ムカつく!」に吹きました(笑)
いや、私も記事の中でヤツを罵倒しましたが^^;
こんな“嫌なやつ”(でも心の底からは憎めないような…)を書ける木原さんは、確かにスゴイ!
2008/01/31(Thu) 00:20 | URL  | 白桔梗 #hrzdXNtM[ 編集]
やっと読めた~
もう松岡可哀想で、涙無しには読めなかったですよ。おまけに上巻を下巻発売日の数日前から読み始めてれば良かったものの、下巻購入日に引き出してきたので結局ロスタイムが出てしまいました。そのあいだ他の方のレビューも必死に避けてましたが、やっと解禁になりました!しかし、寛末は善人の皮を被ったとんだ食わせ物でしたよ!ヽ(`Д´)ノ

しかしこのムカムカ感は木原さん独特だなぁとちょっと嬉しくなったりして>M体質

白桔梗さん、お忙しそうですが頑張ってくださいね~。私は一足お先に春休みです
2008/01/31(Thu) 16:05 | URL  | okapi #EVikbUfY[ 編集]
okapiさんへ
おぉ!okapiさんも読みましたか!
ほんと寛末はとんだ食わせ物でしたねー(笑)こんなダメで優柔不断で厄介なヤツだとは、一番最初の良い印象のときは気がつきませんでした(苦笑)
松岡がすごく可哀想でしたよね;;

ああ、そのムカムカ感わかります(笑)
私も木原さんの作品を読んでるときは完全にM体質になっていますよww

テストとレポートは今日で全て終わりました。が、ここからハイパー就活地獄です(涙目)
…ちゃんと夏休みがくるといいな(死)
2008/01/31(Thu) 20:59 | URL  | 白桔梗 #hrzdXNtM[ 編集]
木原さんキテますね
どうもこんにちはー。

『美しいこと』、上下とも読まれているんですね。
『箱の中』を読んで以来木原さんが気になって仕方のない僕なのですが
明日BLショップ巡りをするつもりなので
『檻の外』と『美しいこと』だけは何としてでもゲットするつもりです!
これまた結構精神的にしんどいお話みたいですね…。
色んな意味で楽しみにしときます。笑

それでは失礼しますー。
2008/02/09(Sat) 16:53 | URL  | ヨ助 #-[ 編集]
キテますキテます♪(笑)
ヨ助さん、いらっしゃいませー^^

『美しいこと』は発売日に本屋に走りましたよ(笑)
上巻が発売してから下巻が発売するまで約2ヶ月かかったので、ファンは皆ずっとヤキモキしていました^^;
今から読む方が単純に羨ましいです(苦笑)

BLショップ巡りですか…!(゜∀゜)いいですね!!
是非、『檻の外』と『美しいこと』をゲットして読んでみてください♪
感想が気になるところです…☆
2008/02/10(Sun) 00:00 | URL  | 白桔梗 #hrzdXNtM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
仕事終わりに本屋に直行、ご飯はコンビニ弁当を5分でかきこみました。 両手を石鹸で洗い、これほどまで待ち焦がれた続巻はあろうかと 布団にくるまり、小一時間没頭しました。とりあえず… 「寛末氏ね」
2008/02/02(Sat) 00:00:17 |  BL Diary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。