2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

BL本短文感想

2008.01.26 (Sat)
す、すみませぬ~(;´д`)ヘニャヘニャ
(↑まず謝ってみる)

現在、一冊一冊ちゃんとした感想を書く時間があまりないので、ここ最近読んだBL漫画・BL小説・同人誌に対する「つぶやき」をまとめてみました。
(といっても、読んで一週間以上経っているからちゃんと書けてないです…orz 大目に見てやってください;;)

あーん!時間が欲しいよぅ(泣)
でも『美しいこと』の下巻の感想はちゃんと書こう。
1月末は欲しい本がいっぱいあって嬉しいな~^^
今の私にとって最高の癒しです。ま、あんま読む暇もないけど(涙)

○『恋の心に黒い羽』 ヤマシタトモコ
○『エイジ・コールド・ブルー』 えすとえむ
○『キスができない、恋がしたい』 崎谷はるひ
○『蝶よ、花よ』 雪代鞠絵
○「雪、ひとひら」 和泉桂
○「ボタンをはずして」 秀香穂里
○「1993年の夏休みのこと」 砂原糖子
○「エロチカ」 project.HER

以下、上記8作品について呟いてます(ネタバレ率低し)。

【More・・・】

【BL漫画】

『恋の心に黒い羽』 ヤマシタトモコ
→7つの短編と書き下ろしショートが収録されている。
前作『タッチ・ミー・アゲイン』ほど万人ウケはしないだろうな、好き嫌いは分かれるだろうな、とは思う。でも私は好きだし、とても楽しんで読んだ☆
この作品で何より感じたのは、ヤマシタトモコさんの高い力量かな。どう言えばいいかわからないけど、BLとしてというより漫画として面白いと思った。それを描ける作家さんなんだ、と本作ではじめて感じた次第。
いやはや、参りましたm(_ _)m

恋の心に黒い羽 (MARBLE COMICS)恋の心に黒い羽 (MARBLE COMICS)
(2008/01)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る



『エイジ・コールド・ブルー』 えすとえむ
→これも良かった!
前作『ショーが跳ねたら逢いましょう』が好きだった人は読んでみてください。というか読んだことない人も『ショーが跳ねたら~』を読んだほうが何倍も楽しめると思う。
なぜなら『エイジ・コールド・ブルー』に収録されている8つの短編の内、7つの短編が『ショーが跳ねたら~』に収録されている二つの話の関連作(みたいなもの)なのです。
真夜中に二冊を抱えながら、じっくりじっくり読んじゃったww
えすとえむさんもイイ味出しますな~(^∀^)近日発売の次作も楽しみ♪

エイジ・コールド・ブルー (MARBLE COMICS)エイジ・コールド・ブルー (MARBLE COMICS)
(2008/01)
えすとえむ

商品詳細を見る



【BL小説】

『キスができない、恋がしたい』 崎谷はるひ
→『恋愛証明書』の関連作品です。えー…私は、『恋愛証明書』が大好きなので、春海×遼一カップルが出てきただけで嬉しくなりました。(最後には二人の「おまけショート」も載ってるし♪)
でも、この『キスができない、恋がしたい』もなかなか面白かったです。受けはおばかちゃんキャラですが私は嫌いじゃないです。むしろSEをやっている攻め(頭の良い理系眼鏡)の気持ちがわからなくて、アラ?このカップル大丈夫か?と余計な心配ばかりしてました。杞憂に終わったけど(笑)

キスができない、恋をしたい (幻冬舎ルチル文庫 さ 2-13)キスができない、恋をしたい (幻冬舎ルチル文庫 さ 2-13)
(2008/01)
崎谷 はるひ

商品詳細を見る


『蝶よ、花よ』 雪代鞠絵
→えっと、本編かなりじれじれします(笑)
最後はハッピーエンドでラブラブですけど、そこに辿り着くまでが長い。体の関係はあるんです。でもお互いの気持ちがわかってないから(途中からは両思いなのに…)、なまじ「体の関係だけ」みたいな感じになっているのよ終盤まで。まぁ、私はそのじれじれを楽しみながら一気読みしたんだけどね。
あ、受け(20歳)は最初、天然記念物なみに無垢な子です(爆)
※途中、3Pっぽいのあるから、苦手な人は注意。

蝶よ、花よ (幻冬舎ルチル文庫 (ゆ1-8))蝶よ、花よ (幻冬舎ルチル文庫 (ゆ1-8))
(2008/01)
雪代 鞠絵

商品詳細を見る



【同人誌】

「雪、ひとひら」 和泉桂
→清澗寺家シリーズ・和貴編の同人誌。
私、深沢×和貴が好きなんですよねー、エロくて(爆)
単行本派なので本編とは関係ないパラレル設定がありがたかったです。楽しんで読みましたとさ♪


「ボタンをはずして」 秀香穂里
→エロといえばこちらもですかね。『黒い愛情』の二人のショートです。
っていうかアナタたち!取引先で何やってんすか!?ま、なんでもアリか♪やっちゃえやっちゃえ!(笑)


「1993年の夏休みのこと」 砂原糖子
→『夜明けには好きと言って』の白坂や黒石の中学生のときの話。金崎新二も出てきます。
ってか、初々しいな~(´∀`)キスもなんもしないけど、こういう話は好きですよ。これから三人とも色々あるんだよな~、とかしみじみ思っちゃいました。


「エロチカ」 project.HER
→遠野春日さん、榎田尤利さん、愁堂れなさんの合同誌第二弾です。
どの話も面白かったけど、榎田さんの話が一番ギョッとし、一番この合同誌のタイトルに合っていると思った。榎田さんきっとこれ楽しんで書いたんだろうな~。すごい(笑)





時間がなくても、ちょびちょびっと読書をしてはいるのです。
だって全く読まないと発狂しちゃうもの(笑)

現在、読んでる本↓
080121_1552~02
(左上の本は気にせずに…汗)

でもまぁ、これからしばらく本当に亀の歩みのような読書ペースになりそうです^^;
が、やはり『美しいこと(下)』の一気読みは決定している(笑)
【EDIT】  04:27 |  ★本ネタ  | TB(0) | CM0  | Top↑
コメント
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。