読んだ本(漫画、BL本含む)の感想や日常などをつらつら書いてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ergo vol.3』&『ergo vol.4』
2008年04月25日 (金) | 編集 |
はいはーい。(`・ω・)/
vol.4の感想書こうと思ったら、vol.3の感想書いてないことを思い出しまして、このような記事になってます。どうせだったら、2つをまとめちゃおうと。

こういうところに己のテキトーっぷりが発揮されるのはイカンなぁと思いつつ、時間もないのでお許しを☆
まぁ、記事自体は全然役に立たない代物となっております。
…私、感想どうやって書いてたっけ…(遠い目)

●vol.1の感想はこちら
●vol.2の感想はこちら


ergo Vol.3 ~木原音瀬セレクション~ (プラザMOOK Holly COMIX) (プラザMOOK Holly COMIX)ergo Vol.3 ~木原音瀬セレクション~ (プラザMOOK Holly COMIX) (プラザMOOK Holly COMIX)
(2008/02/12)
木原 音瀬

商品詳細を見る

ergo Vol.4 ~木原音瀬セレクション~ (プラザMOOK Holly COMIX) (プラザMOOK Holly COMIX)ergo Vol.4 ~木原音瀬セレクション~ (プラザMOOK Holly COMIX) (プラザMOOK Holly COMIX)
(2008/04/12)
木原 音瀬

商品詳細を見る

※以下、「12hours」以外はvol.3とvol.4を合わせた感想となっております。あとネタばれもしています。ご了承ください。
●「はしやすめ寸劇」草間さかえ

いつもいつも、とても幸せな2ページだなって思います。
表紙のイラストと連動しているようなショートコミックなので、合わせて見ると堂野と喜多川の色々なやり取りを想像できて楽しい♪
草間さんは偉大です!!
でもergo次で終わりかしら?ずっと描いてほしいなぁ…


●<漫画>「リベット」天野瑰

オリジナルの話だから、なんだかんだで続きが気になります。
でもやっぱり教育実習生が偉そうなうえに柄が悪くて(しかもあの髪型…)、半笑いしながらも「どうなんかなー」って思ったり。
まあ、フィクションでそんなこといちいち気にしてたらダメなのかもしれませんね(笑)
とにかく初芝と乾が幸せになればいい!


●<漫画>「さようなら、と君は手を振った」深井結己

原作小説同様、相変わらず誠一はひどい奴ですね。
女装させられたり、乱暴なセックスをされたり、啓介がとても痛々しくて可哀想です。 結局vol.4の最後で啓介に逃げられていますから、いい気味ですけどね。誠一ざまぁwww
さて、話は知っているにせよ終盤深井さんがどうやってまとめてくれるのか楽しみです。


●<漫画>「The end of youth~あいの、うた~」宮本佳乃

ラブないねー(笑)
「The end of youth」はほかの木原作品に比べて私の中で印象が薄い話です。(というか読んだのがだいぶ前なので話を忘れてるんですな…汗)
だから宮本さんのこの漫画を読んで、いい感じに思い出しつつ、ストーリーを味わっています。
実は最後がどうなるのかちょっと覚えてないので(木原ファン失格だな…)、次回に期待です。


●<漫画>「恋について」大竹とも

まーたこの二人の恋もゆっくり進むのよねー。
これってヘタレ笹川のせいだったけ?
朝霞の戸惑いや不安はわかります。極めて妥当だと思うし。
すれ違いもあったりするvol.4の終盤は、少しだけ急ぎ足になってしまったように感じなくもなかったのですが、ページの関係上しょうがないのでしょうね。満足です。


●<小説>vol.3「12hours 第3話」

「12hours」は相変わらず楽しいです♪
山科と斉藤の良い恋を堪能しました。
緊迫した医療の場面のあとに、少し甘い場面。
なんで濡れ場じゃないのに、二人の会話ややり取りであんなにゾクゾクするんだろう。そういう文章が書けることが純粋に羨ましいなぁ。


●<小説>vol.4「12hours 第4話」

私ねvol.3で小木が登場したときからずっと思ってたの!!
この人絶対ネコ(受け)だって!!(爆)
襲い受けという予想も、ものの見事に的中しましたよ!
だからあの場面、あまり驚かなかったんだけど、高瀬の「おかぁさん」発言に爆笑した。
本当に声出して爆笑してたら、仕舞いには涙まで出てきたww
まじで木原さんサイコーです!!
って、ストーリーに全然触れてなくてスミマセン。

小木かっこいいね。小木みたいなキャラ大好きwww


●vol.3「さようなら、と君は手を振った」のポストカード(書き下ろしSS)
●vol.4「The end of youth~あいの、うた~」のポストカード(書き下ろしSS)

ポストカードの裏に書かれた小さな文字の羅列。
そのあまりにも短い文章で、こんなにもほんわか温かい気持ちになれる私は、なんて簡単な奴なんでしょうねぇ(笑)
…とか、そんなことは言えません。だってきっと、読んだ人は皆そんな気持ちになってるはずだもの!(断言)
これは、こんなにも短い文章で人を幸せな気分にさせてしまう木原さんがただ凄いだけです。

感想になってませんな…。まぁ、とにかく読めばいいよ!(自分何様?)



いつものごとく「ROSE GARDEN」は原作が未読なので読んでません。原作を読んだら追記します。



って、次回のvol.5に『美しいこと』のショートコミックが登場ですと!?
あああ、日高さんの松岡と寛末がまた見れるなんて嬉しすぎます!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。