2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

榎田尤利『ビューティフル・プア』

2008.05.26 (Mon)
実は『菫の騎士』はまだ読んでいません。
ファンタジーって嫌いではないんだけど、私の場合どうしても読むのにパワーがいるので後回しにしてしまいます…
したがって英田さんの新刊も未読です(汗)

先にこれを一日でさらっと読了しました。
私はBL小説を読みながら、いろいろ立ち止まって考えてしまうことが多々あるので、読むのがすごく遅いんです。
けれど、本作は会話のテンポも軽快で、思ったよりスルスル読めました。
プラス楽しめたので満足です♪


ビューティフル・プア (B-BOY NOVELS)ビューティフル・プア (B-BOY NOVELS)
(2008/05)
榎田 尤利

商品詳細を見る

以下、あらすじと雑感。+拍手コメレス♪

【More・・・】

【あらすじ】

「貴族でも、そうじゃなくても、あなたはあなたでしょう?」
父親の命で、遠い異国へとやってきた玲一郎。
貧乏のあまり、自らを売りに出した侯爵・アロウが所蔵する絵画が目的だ。
彼を求めて大富豪が集まるなか、唯一庶民の玲一郎はなんとか侯爵に近づこうとする。
その超絶美貌にも揺らがなかった玲一郎だが、彼の人柄に触れるうちに、なぜだか心から笑う顔が見たくなり―。
榎田流ノーブル・ロマンス オール書き下ろし!!


【感想】

毎回思うのですが、榎田さんの文章は私的に非常に読みやすいです。
やはり文章が巧いというのは大前提だと思いますし、何より肌に合うんでしょうね。
本作は特に前半軽めなノリだっただけに、私も最初から「さぁ楽しむぞ!」という感じで一気に読めてしまいました。

あまりの極貧ぶりに自分を売りに出すことに決めた侯爵のアロウ(受)。
「一年間、侯爵の館で侯爵とともに過ごす権利」を求めて、世界の富豪が集まるパーティーに参加した日本の庶民・画商の玲一郎(攻)。
玲一郎がこのパーティーに出席した目的は侯爵の所有する『ガブリエル』という絵画です。
画廊(?)の社長である父親がこの『ガブリエル』を欲し、その父親の命令で玲一郎は身元をごまかし侯爵に近づこうとするのです。
まー最初の玲一郎と父親のやり取りに笑ったことww

このパーティーで候補者が5人に絞られて
その選ばれた5人が侯爵の館で一週間のお試し同居をするのですが
侯爵の人柄と、ここで判明する侯爵の貧乏っぷりがこの作品の一つの見所だとは思います。
だけど本作で私が何より良いと思ったのは玲一郎のキャラ設定かも。
「お金が大事」の超庶民くん(笑)
ちょこちょこ挿入されている玲一郎の庶民感覚が笑いを誘います。

玲一郎視点の一人称に近い三人称の地の文がとても心地よく
先に述べたように会話のテンポも軽快で
物語全体に盛り込まれているユーモアが楽しい。

後半は侯爵の生い立ちなども絡んできて少しシリアスに。
ちょっとした事件なども起こりつつ、でも最後はハッピーエンドで一安心。
てか、玲一郎の背中を押す老執事サイモンのナイスアシストに笑いましたしびれました!!
榎田作品に時々登場するキャラ立ちした脇役が大好きです☆


 * * * (余談です) * * *


人を愛すると、苦しい。その人の孤独や痛みが、自分のもののように感じられて苦しく、でも彼はもっとつらいのだと思うと――無力な自分が悲しくなってくる。(P201)
ああ、この文を書いてくれるから、榎田さんがやめられない。
ずっと榎田さんについていこうと思うんだよな。




《拍手コメレス♪》
5月26日(1時半頃)「表紙買いしたくなるBL絵師さん」に拍手コメをくださった和吉さんへ

拍手コメ、ありがとうございます!
いや、私も我が目を疑いましたよ^^;
そのコーナーを通り過ぎようとして急ブレーキで立ち止まり、なおかつ二度見しましたからね…(笑)
確かに自分の目は完全に腐ってしまったのかと一瞬不安に駆られました☆
そうなんですよね~、ラノベって勢いだけじゃ読めないです。
たまに表紙イラストにつられて手を伸ばしたくなるときがあるのですが、私的にBLよりもアタリハズレが激しく、なおかつハズレたときのダメージが大きい気がするので、要注意!と思っています><
【EDIT】  03:40 |  …榎田尤利  | TB(0) | CM0  | Top↑
コメント
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。