読んだ本(漫画、BL本含む)の感想や日常などをつらつら書いてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あらら…
2006年12月31日 (日) | 編集 |

 気づいた。気づいたよ。

 普通、一年間の総決算的なもの(例えば一年間のベスト本を決める…とか笑)って

大晦日にやるよね……

 

って、もう今日やん!!今日、大晦日やん!

あーあ。

 

じゃ、もういいよ。新年明けて1/1、世間がバカみたいに浮かれ騒いでいるときに、一年間で読んだ本(漫画、BL本含む)を振り返ってやるよ。

そうだな、どうしよう…。「白桔梗的 読んだ本アワード 2006(仮)」。

普通こういうのって、その年に発行された本を対象にベストを決めるよね。

でも私は2006年に発行された本をそんなに多く読んだわけじゃないんだよな…。まぁ、そん中で白桔梗的ベスト本を決められないことはないけど……なんかすごく薄くなりそう。

というわけで、発行された年とかあまり気にしないで、ごちゃ混ぜでいくかも。とにかく私が2006年に読んだ本の中でのベスト、ということで考えようかな…うん。

 

話は変わって…

実家に帰ってきて読む本がない(『風が~』は再読してるけど)ので、実家の本棚をごそごそと物色していたら、変な本を見つけました。

 題名→『やんごとなき姫君たちの秘め事』(桐生操/角川文庫)

 おとーたま!おとぉーたま!(たぶんお父上の本だと思われる…)

なんじゃい、この本。と思ったけど、面白そうだから読んでみることにした。

うーむ……うむ。まだ冒頭しか読めてないが、思ったことは…

 

この本、エロおかしい!(爆)

 

いやー……別にエロ本とかでは全然ないんだけど、なかなかおおっぴらに読める本ではありませんな(笑)

ふつーにエロい単語とかがズバズバ出てくる。そして可笑しい。

内容は(中世?)ヨーロッパの王侯貴族たちの「夜の生活」に関するエピソードが満載、といったところか。

ためにはならないけど、「へー」と思うことが多くて、普通の書物としても面白い。

 

驚いたのは、「桐生操」って女性二人の共同ペンネームなのねってこと。

つまり女の人がこの本を書いていることにビックリ。てっきり男の人が書いてると思ってた。

意外だ~。でも、ちょっと嬉しい。

 同シリーズには、『やんごとなき姫君たちのトイレ』と『やんごとなき姫君たちの寝室』(共に角川文庫)というのがあるみたい。『トイレ』気になる!(笑)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。