2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

木原音瀬「愛すること」(『美しいこと』小冊子)

2008.08.07 (Thu)
数日前から家族に馬鹿の一つ覚えのように同じことを聞いていた私。

「ねぇ、私宛に郵便物届いてない?」

そのたびに家族は「届いてないよ」と呆れた顔で言い、私はその答えにしょぼん…(´・ω・)とする。ひたすらそれの繰り返しだった。

んで、今日バイトに行く前にネット巡りをしていたら、もうすでに小冊子が届いている方を発見し、自分のところにはまだ小冊子が届いていないことや他の方のブログで小冊子の表紙を知ってしまったことにショックを受けた。
でもその時にはバイトに出なければいけない時間で、結局郵便受けを見る暇も無く家を出ることに。

そ・し・て
さっきやっとバイトが終わり、ヘトヘトになって帰ってきたら…


届いてた…!やっと来た!

愛しい愛しい小冊子!!(;_;)

image38.jpg



わぁぁ~~ん、嬉しいよぅ


疲れも鬱も、全てまとめてどっかに吹っ飛んだ(笑)
だって正直ね、バイトから帰ってくるまで小冊子のこと忘れてたの。あまりに忙しくて^^;
だからへろへろになって帰ってきて自分の部屋の鏡の前、我がマニキュアたちが整列するそこに、封筒がぽつんと置かれているのを見たとき、思考は完全に停止していた。
まぁ、すぐにハッと我に返って、溢れ出る感情を抑えられずに狂喜乱舞したけど(爆)

日高先生の表紙イラストを見て、涙が出そうになったわ…!
素敵。最高。大好き。めちゃめちゃ幸せ。どんな言葉も足りない。

image37.jpg
ポストカードもついてました。嬉しい♪

※『美しいこと』本編の感想はこちら→ ()(

前置きやら感想やら拍手コメレスやら…色々長くなりました^^;
それでも見てやってもいいよ、という方だけドウゾ。

【More・・・】

【'08.8.9 追記】【'08.8.12 加筆修正】


で、なんでこんなに感想が遅れたかって?
ふふふ… それはね…(´ー`)

小冊子を読む前に
『美しいこと』下巻を読み返していたから(爆)

別に話を忘れていたとかではなく。
テンションがやばいくらいに盛り上がっていたのと
小冊子のストーリーが下巻のすぐ後の内容だったことがわかり、
下巻の好きな場面を読んで高揚感をさらに高めてから読もう、と思って手を伸ばしたらもうダメでした。即完全アウト。

下巻を最初から最後までぶっ通しで読んでしまった私は馬鹿なんじゃないかと思う。
しかも、また泣いたし…。
つらい展開で泣き、最後の松岡のメールで大泣き。
おいおい数ヶ月前と同じじゃないか。しかも小冊子読む前に本編読み返して号泣ってどういうことよ(笑)
でもおかげで、最高のコンディション(?)で小冊子に臨めましたけど。

小冊子、端的に言うと

 最高に良かった  です。

そりゃやっぱりね(笑)
あの下巻を読んだ後だとなおさらその想いが強くて。
二人のその後を読めたことが嬉しくて泣き、その内容に感動してまた泣く…
一体木原さんは私をどれだけ泣かせれば気が済むんだろう(苦笑)
でも泣くのと同じくらいニヤニヤして、同じくらいきゅーんと切なくなった小冊子でした。
やっぱり最終的には「最高」という言葉しか浮かんでこないな。


小冊子は下巻のあと、松岡が会社に出勤したところから始まります。
もう少し薄い小冊子だと思っていたので、寛末との甘ーい蜜月がただ繰り広げられるのかな~と安易に考えていた私。
ですが、なにせ嬉しい68ページ二段組。話も中身がないものでは全くありませんでした。(いや、こういう小冊子は中身がなくてただ甘々でも全然構いませんが。)

小冊子全体を通して松岡視点なので、寛末の行動や言動を気にして松岡は終始ぐるぐるしています。
その姿が可愛くて可哀想で切なくて…、でもやっぱり可愛くて(笑)
この可愛さを引き出しているのが寛末だと思うと癪ですが、どうやら寛末しか引き出せないようだから仕方ない(苦笑)

松岡は変に寛末に遠慮したり、言いたいことが言えなかったりするのですが、今までの寛末の所業を考えると、松岡が寛末に嫌われないように気にしてしまうのはすごくよくわかります。
寛末に実家から出てきてほしくても言えず、職を紹介したくてもできず、一緒に暮らしたいともなかなか言い出せず…。
読んでいてきゅーんとなった私は何回「松岡…松岡ぁ…」と呟いたかしれません。

でもそこは寛末も成長したのかなんなのか(笑)、松岡をぐるぐるさせつつもちゃんと彼を想っての行動が出来るようになっていました。(真面目で、ちょっとズレてて空気が読めないところは変わってないけど…苦笑)
松岡が洋子として女装してたときもそうだったけど、大好きな子にはとても優しくて誠実で甘い男でしたね、寛末って。
いやらしくエッチな男になってるところとかはウハウハしましたさ(笑)
いいわぁ~☆

しかし一回担当さんのNGが入っていたなんて、寛末…。(あとがき参照)
まだなにかやらかしていたのか…?
もしこの小冊子でも松岡にひどい事を言ったりやったりしていたら私はマジギレしていたかもしれないよ^^;

最終的に松岡は寛末にささやかな我が儘(というかお願い)を言うことができて、読んでるこっちが本当にすごく嬉しかったです。
それはもう涙がこぼれるくらい…苦笑

松岡、よかったね…!!!(;_;)

でもね、もっともっと松岡が本気で全力で(?)甘えられるようになれるといいな、とも思いました。けどそこは今後心配ないかな~。寛末を言葉通り困らせてやればいいよ、ほんと(`∀´)ノ

それにしても日高先生の挿絵!
松岡が寛末に膝枕してあげているあの表情!
この絵を等身大にまで引き伸ばして部屋の壁に貼りたい
という危ないことを本気で考えそうになりました。
それくらい幸せに溢れていて嬉しかったの!!><
やっぱり日高先生は最高にGJです


そしてなにより木原音瀬先生(と担当様)
「愛すること」を生み出してくださって本当に本当に

ありがとうございました!

大好きで大切な宝物になりました





《拍手れす♪》
>8月7日、『イロメ』の記事に拍手コメをくださった匿名さん(^o^)へ♪

拍手コメントありがとうございます!
レスが遅れてしまい大変申し訳ありませんでした;;
ergo小冊子!その決意も含めて(笑)匿名さん偉いです!
私はergoを筆頭にルチルもディアプラスもキャラも…etc…まだ申し込んでいません;;(ダメすぎる)
今まで油断していたけれど、そろそろ本気でヤバイですね。
各締め切りも若干忘れがち…。これで逃したら一生後悔するのでそろそろ申し込みます(汗)
8月中旬にちょっと時間ができるので、そこが狙い目かな?
『イロメ』の感想をお待ちいただいたのに、全然たいした内容じゃなくでスミマセン!(焦) 感想がヘボすぎて恥ずかしいです…
読めば読むほど☆ですよねー!共感していただけたようで嬉しいです^^
描き下ろしペーパー、ぜひお見せしたい!レジェンドです。笑えます。
好みが似ているとはこれまた光栄な~☆私も萌えていくつもりですので、匿名さんもオススメの本がありましたら教えてください!
【EDIT】  23:25 |  …木原音瀬  | TB(0) | CM2  | Top↑
コメント
わたしもきょう帰ってドッキリにあいました。
違う郵便物(BL関連ではない)が届く予定もあったので、それかと思い普通に手にして
「ぎゃあ!!」
と叫んでしまいました(笑)

母親に「何か届いてたよ」って叫んだところを目撃したのか、不安そうに声をかけられました(笑)
蒼 |  2008.08.08(金) 21:59 | URL |  【編集】
■蒼さんへ♪
コメントありがとうございます!
(レス遅れて申し訳ありません;;)

ドッキリですよねー(笑)
驚いたらやっぱり叫びますよねー(爆)
私はBLの全サ関係の郵便物が届くたびに、嬉しくてギャアギャア叫んだりクルクル舞ったりしているので、家族は得体の知れないものを見るような目で私を見てきます\(^0^)/
いや、慣れましたけど、私も家族もww

こんな幸せな気分になる郵便物は他にないような気がします♪
「愛すること」がとても愛しいです。
白桔梗 |  2008.08.10(日) 12:27 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。