読んだ本(漫画、BL本含む)の感想や日常などをつらつら書いてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイベスト本2006
2007年01月02日 (火) | 編集 |
新年、明けましたね。
予定より一日遅れたけど、
2006年に読んだ本の中で、白桔梗的ベスト本を決定してみました。

【小説部門】と【BL部門】の二つの部門に分けました。
本当はこういうのって2006年に刊行された本だけに絞って考えるのが筋かもしれないけど、
それだとすごく薄っぺら~い感じになってしまうので、2006年刊行本と既刊本はごちゃ混ぜです。
とにかく白桔梗が2006年に読んだ本の中で選んでおります。
(まぁ、ようは非常に個人的な意見ということですな。けれどオススメしたい本には変わりありませんので。)
ちなみに【BL部門】は小説と漫画が混在しております。

それでは以下↓「マイベスト本2006」です。
【小説部門】
ベスト

『Op.ローズダスト』(上・下) 福井晴敏/文藝春秋   …2006年刊行本

『風が強く吹いている』 三浦しをん/新潮社   …2006年刊行本


→正直、この二つの作品には参りました。文句なしに自分の中で「殿堂入り」です。
福井晴敏・三浦しをん両氏も含めて、「大好きです!」としか言えない(笑)
2006年はこの本たちに出会えたので、本当に満足です。

Op.ローズダスト(上) Op.ローズダスト(上)
福井 晴敏
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Op.ローズダスト(下)Op.ローズダスト(下)
福井 晴敏
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

風が強く吹いている風が強く吹いている
(2006/09/21)
三浦 しをん

商品詳細を見る



準ベスト本

『一瞬の風になれ』(①イチニツイテ・②ヨウイ・③ドン) 佐藤多佳子   …2006年刊行本

『オーデュボンの祈り』 伊坂幸太郎   …既刊本

『夜のピクニック』 恩田陸   …既刊本

『夏の庭』 湯本香樹実   …既刊本

『空の中』 有川浩   …既刊本


→限りなくベストに近い本ということでこの五つの作品を。
特に『一瞬の風になれ』は、2006年に刊行された本の中では異彩を放っていましたよね。
『風が強く吹いている』と共に、「ランナー小説」として各方面で話題になっていました。
ご多分にもれず、私もハマッた一人です。おもしろかったなぁ。
あとの四作品はそれはもう有名どころですね。(有川浩さんの『海の底』はまだ読んでないんだよなー)





【BL部門】
ベスト小説

『箱の中』・『檻の外』 木原音瀬   …2006年刊行本

ベスト漫画

『ニューヨーク・ニューヨーク』(単行本全4巻/文庫全2巻) 羅川真里茂   …既刊本


→あのですね…単刀直入に言うと、上記三作品に出会ってなかったら、腐女子の一歩手前でとどまっていたさ(たぶん…汗)
でも、もうダメ。この子達に出会っちゃったら、もうダメ。お手上げ。無条件降伏。
腐女子にでも何でもなりますさ。
だって凄すぎるんですよ。ホント良すぎるんですよ。(涙とか止まらなくなっちゃうしさ…)
ちょっと人生観が変わります。
別の意味でも、人生変わりましたけどね…(遠い目)
でも腐女子になったおかげで、「ボーイズラブ」というジャンルがいかに奥深いものなのかが分かりました。

※追記※
『ニューヨーク・ニューヨーク』はBLではありませんが、ここではBLカテゴリーに入れさせていただきました。

箱の中箱の中
木原 音瀬 草間 さかえ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

檻の外檻の外
木原 音瀬 草間 さかえ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



良かった!
〈小説〉

『眠る兎』 木原音瀬   …絶版本

『さようなら、と君は手を振った』 木原音瀬   …絶版本

『聖夜』 榎田尤利   …絶版本

『執事の特権』 榎田尤利   …2006年刊行本

『犬ほど素敵な商売はない』 榎田尤利   …2006年刊行本

『そして恋がはじまる』・『いつか青空の下で』 月村奎   …既刊本

                       ―他多数―
〈漫画〉

『窮鼠はチーズの夢を見る』 水城せとな   …2006刊行本

『クマとインテリ』 basso   …既刊本

                       ―他多数―


→…いやぁ、木原音瀬さんと榎田尤利さんが好きなのがまるわかりですな(赤面)
いいんです。信者ですからね。
めぼしいものをピックアップしましたが、こんだけ並べてもまだまだほんの一部です(爆)
良かった作品は書ききれないほど沢山ありましたよ。こんなもんじゃないです。
それにしてもこのジャンルって絶版本が多い!どうにかして!入手するのマジで大変なんだから!
ちなみに、完結しているシリーズものでも、
私がまだ全ての作品を読み終えていないシリーズは今回は省きました。
(例:英田サキ「エス」シリーズ、榎田尤利「吾妻&伊万里」シリーズなど)
「魚住くんシリーズ」も、まだ最後の『リムレスの空』が読めてないから今回は見送り。
読んでいたら、「魚住くんシリーズ」は間違いなくベスト本入りですからね!(決定事項)
あ、『花扇』もまだ読めてないや…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。