読んだ本(漫画、BL本含む)の感想や日常などをつらつら書いてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山田ユギ『夢を見るヒマもない』
2007年01月22日 (月) | 編集 |

…本当にこんなことしてる場合じゃないんだ。

なぜなら明日はテスト……(滝汗)

うん、もう何も言うまい。

 

 だってだって!友人Dよ、アンタは超能力者か!

 何にも言ってないのに、なんであたしが一番読みたかったマンガを

タイミング良く貸してくれたんだ!(いや、嬉しいけども…汗)

 

いやー、山田ユギ様にマジでハマるわ。

ステキ本ばっかり!らびゅ~

今日はコレ、『夢を見るヒマもない』

友人Dのトンデモパワーに感謝する

 

夢を見るヒマもない

夢を見るヒマもない
山田 ユギ

二見書房 2006-08-28
売り上げランキング : 1583
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

何だろコレ、分類するとしたらガテン×リーマンになるのか?

職種がすごく特殊。っていうか初めて知ったよこの仕事。

 

この作品のはじめは高校時代の話だ。

主人公・川村(受)と吉武(攻)は航空専門学校の寮で、一年の一学期だけ同室だった。

その後、とある理由で吉武は学校を辞めてしまい、川村の中には少し切ない思い出だけが残る。

 

 そして数年後、航空貨物会社のロードコントロール部門で働く川村は、吉武に再会する。

なんと吉武は同じ会社の搭載で働いていたのだ――

 

とまぁ、こんな話。(←どんな話だ?)

ロードコントロール部門は乗客や貨物の重量・重心を計算して搭載位置を決める仕事で、搭載はその貨物を飛行機に積む仕事……らしい。

いろんな仕事があるな~。興味深いわ~(@-@)

 

仕事上、無線(?)でやりとりすることもある二人だが、

相手の存在を想いながら働く場面とか… 効くぅ~(何に?)

 

うまいなぁ~ユギてんてい。

仕事がしっかり描かれてて、それがちゃんと二人の恋のアクセントになってて…。

こういう素晴らしい作品に出会っちゃうとダメなのよ。

マジで作者さんに傾倒しちゃうから。

今(私の中で)山田ユギフィーバーが起きてるぜぃ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。