読んだ本(漫画、BL本含む)の感想や日常などをつらつら書いてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイベスト本2008 (BL漫画編)
2009年01月01日 (木) | 編集 |
そう。毎年、年が明けてからベスト本を発表するのですよここは!(宣言)
ということで…

 明けましておめでとうございます! 

充実した一年であった2008年、大変お世話になりました。
2009年はどんな年になるんだろう…。
ま、相も変わらずBL道を突っ走っていくのでしょうね(笑)

 今年もよろしくお願いします 





さてさて、2008年のマイベストはBL漫画編とBL小説編に記事ごとに分けて発表します。(一般小説は全然読んでいないのでベストを決めません;;あしからず)
今日はBL漫画のマイベストの発表です!

他のブログ様は結構“ベスト10形式”で発表されているところが多いですが、なにせ私は優柔不断の権化…(苦笑)
そもそも好きな作品一つ一つに順位なんてつけれるワケがないと、ベスト10決めを最初から諦めました。ほんと皆さんよく順位をつけられるなぁと感心しています。

新旧問わず、2008年に私が読んだBL漫画の中から
・【良かった】作品(第三位群)
・【準ベスト】作品(第二位群)
・【ベスト】作品(第一位群) を選出しました。
それにしても絞るの大変だった~^^;

…まぁ準ベストが多くなったけど…(遠い目)

いいんだ。別にいいんだ。
ずるいと言われようがこれが私のベストの方針だもん!
あ、でも今回【ベスト】の中でだけはちゃんと順位を決めてみました。
興味があれば以下からどうぞ~。
☆…2008年刊行本
★…既刊本
題名のリンクは感想に飛びます。



【良かった】 5作品(順不同)


★『Scarlet』 斑目ヒロ
☆『かわいい悪魔』 斑目ヒロ

⇒2008年はずっと気になっていた斑目ヒロさんの作品を読了。この2つの作品、全然テイストも雰囲気も違うのに、読後は同じくらい大満足でした。色んな意味でギャップをすごく楽しみました。

Scarlet (バーズコミックス リンクスコレクション)かわいい悪魔 (リンクス・コレクション)



☆『初恋の70%は、』 山中ヒコ
⇒昨年は有望な新人さんの作品が多く出版されたように思います。この山中ヒコさんの作品も例に漏れず、とても良かったです。表題作のへたれくさい攻めと女々しくない受けが好きかな。「恋と恋の間」という短編もイイ♪

初恋の70%は、 (ディアプラスコミックス)



☆『恋のまんなか』 松本ミーコハウス
⇒感想を書くとか言っといて結局書けずじまい…(汗)けれど昨年とても心に残った作品の一つであることは間違いありません。最後攻めが落ちた場面で心がきゅーんとしました。読んでいてなぜだかすごく「ノベライズ」してみたいと思った作品(笑)

恋のまんなか (ミリオンコミックス 17 Hertz Series 52) (ミリオンコミックス 17 Hertz Series 52)



★『明日、雨は降らない』 広川和穂
⇒やっぱり広川さんの作品が好きです。はじめて読んだこの作品をランクインさせました。王道なストーリーですが適度に切なくなれるのがイイ。色んな人に知って欲しい、もっともっと活躍して欲しい作家さんの一人です。

明日、雨は降らない (キャラコミックス) (キャラコミックス)







【準ベスト】 8作品(一応順不同)


★『月のマダム』 高井戸あけみ
⇒これが準ベストに入っている理由はただ一つ。この作品に収録されている「グッドモーニング」という短編が大好きすぎるからです!読む人によっては「なんてことない」と感じるかも知れませんが、雰囲気で読ませる高井戸さんらしい素晴らしい短編だと思います。

月のマダム



★『純情』①② 富士山ひょうた
⇒評判が良いのは知っていましたが、読んでみたらやっぱり面白かったです!だんだんと心を通わせる二人がたまらない!続き…いつか出ますよね?(もっとラブラブが見たいなぁ…笑)

純情 1 (1) (Dariaコミックス)純情 2 (2) (Dariaコミックス)



☆『見えない星』 京山あつき
⇒これは準ベストの中でもかなり順位が高いです。不細工な引田がなぜか可愛く見えてしまうこのシリーズ(本作は2作目)。青春を懐かしみつつ、甘酸っぱすぎる恋愛にニヤニヤせざるをえません。
 
見えない星 (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス  Hertz Series 38)



☆『イロメ』 草間さかえ
⇒この作品も準ベストの中での順位が高い気がする。これはですね、「カオス」という作品がツボすぎました。それはもう何度も何度も読み返すくらい私が「カオス」の虜でした(笑)先生、幸せになれて良かったね…(;_;)

イロメ (ディアプラスコミックス)



☆『嵐のあと』/☆『知らない顔』 日高ショーコ
⇒甲乙つけがたい二作品。どっちも大好きでスミマセン。ええ、ええ…私は卑怯者です(笑)『嵐のあと』は作品の雰囲気がたまらないです。『知らない顔』は表題シリーズの田辺(受)に悶えさせられ、良作短編のバランスの良さに魅せられました。

嵐のあと (花音コミックス)知らない顔 (ビーボーイコミックス)



☆『是-ZE-』⑦ 志水ゆき
⇒無垢な琴葉が可愛すぎる!の一言に尽きるでしょう。幼児のときの姿に本気で涎が垂れそうになりました。早く続きが読みたくてたまりません。

是ーZE 7 (ディアプラスコミックス) (ディアプラスコミックス)



☆『オルタナ』 古街キッカ
⇒なんでかわからないのですが準ベストに入れてしまうくらい好きなんですよ、この作品。当て馬クンが少し可哀相だけど、受けにすごく感情移入して読んでいた私は、最後二人が幸せになってくれてよかったなぁと思いました。

オルタナ (ミリオンコミックス 10 Hertz Series 49)







【ベスト】



皆さんの大方の予想通り、この2作品がベストに堂々ランクイン!
もー最高に大大大好きな作品たちです!!


☆『同級生』 中村明日美子

☆『どうしても触れたくない』 ヨネダコウ


同級生 (EDGE COMIX) (EDGE COMIX)     どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26) (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 26)

爽やかさ  VS  切なさ

でね、この【ベスト】の中だけはあえて順位をつけてみました。
本当のところは第一位はどっちなんだ?というね(笑)
もう自分的に超デッドヒートが繰り広げられましたよー!!><
だって大好物の「爽やかさ」と「切なさ」の対決ですよ?
もちろん超悩みました。
超悩みはしましたが…

実は数ヶ月前には自分の中で順位を決定していました。
こういう場面がいずれ来ると思って(笑)


で、結果です。




 第二位 

☆『どうしても触れたくない』 ヨネダコウ
⇒第二位ですが、一位にしても全然おかしくありませんでした。それくらい良い作品だと思います。2008年に読んだBL漫画のなかで一番泣きました。むしろこの作品くらいしか泣いてないのではないかな?(あ、「カオス」で泣いたわw)
切なくてぎゅーっと胸を締め付けられたあとの、終盤のアノ場面ではやはり感動するしかありませんでした。
二人でずっとずっと幸せな道を歩いていけばいいよ!

どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26) (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 26)




 第一位 

☆『同級生』 中村明日美子
⇒よく考えるとこれは私の中で1位にせざるを得ない、1位以外はありえない作品でした。
なぜでしょう…。少し大袈裟な言い方になってしまうのですが、私この作品に商業BL界の未来を感じたんですよね(苦笑)
はなから見切りなんかつけてないけれど「ああ、BLもまだまだ捨てたもんじゃないな」と思ったんです。それどころかめちゃくちゃ安心しました。「こういう作品が出てくるならBL界もまだイケる」というか「BLってすごいじゃない!」と今更ながら改めて思いました。
王道も王道の、スローペースな高校生の恋を見せつけられただけなのに、本当にBLが好きで良かった!!と心から感じることができた名作です。今は巡り合えたことがただ幸せです。

同級生 (EDGE COMIX) (EDGE COMIX)






【次点

☆『犬も歩けば恋をする』 夏水りつ
⇒可愛い受けたちやブルボン兄弟などなど、おいしさ満載の短編集。

☆『スイートビターキャンディ』 麻生ミツ晃
⇒今後に期待したい新人さん。「良かった」に入れるか迷いました。

☆『センチメンタルガーデンラバー』 小椋ムク
⇒きゅんきゅん100%の表題シリーズに心を持っていかれました。

犬も歩けば恋をする (花音コミックス) (花音コミックス)スイートビターキャンディ (ミリオンコミックス 18 Hertz Series 53) (ミリオンコミックス 18 Hertz Series 53)センチメンタルガーデンラバー (MARBLE COMICS)

続きものとしては『青春ソバット』①(黒娜さかき)や
『あの日のきみを抱きしめたなら』①(山本小鉄子)が良かったので、
次の巻に期待したいところですvv

青春ソバット 1 (1) (IKKI COMICS)あの日のきみを抱きしめたなら 1 (1) (バーズコミックス ルチルコレクション)




【特別賞

★『是-ZE-』シリーズ(2~6巻) 志水ゆき
⇒実はこの作品の2~6巻は2008年に読みました。皆さんから大分遅れてドハマりするという…。大変悶え狂い、萌え狂った最強シリーズですね。特に玄間×氷見編である3・4巻はベストに入れたいくらいです!しかし今回はこの【特別賞】という別枠に入れさせていただきました^^;

是 -ZE- (2)是-ZE- 3 (3) (ディアプラスコミックス)是-ZE- 4 (4) (ディアプラスコミックス)是-ZE- 5 (5) (ディアプラスコミックス)是-ZE- 6 (6) (ディアプラスコミックス)




さて、私は一昨年マイベスト本2007(BL漫画編)の中で
「2008年の野望」として以下の目標を挙げていました。
さっそくチェック!チェック!

・高井戸あけみさんの作品をたくさん読む。 ⇒△まあまあ
・『春を抱いていた』シリーズを着実に読み進める。 ⇒◎グッド!
・『是―ZE―』シリーズも読み進める。 ⇒◎グッド!
・新規開拓する! ⇒△まあまあ

高井戸さんの作品は結構読んだけど、まだ全て網羅してはいません。
特にBFCシリーズを読み途中なのが悔しいです。
新規開拓はまだ足りない気がします。頑張ろう。

今年は別記事で小説と漫画の読書目標を挙げようかしら。
とりあえず明日はBL小説のマイベストを発表しますよ☆
コメント
この記事へのコメント
私も去年読んだなかでは『どうしても触れたくない』と『同級生』がとても好きでした。

ほかにも結構読んだ漫画が入っていたので嬉しかったです。

今年もブログ楽しみにしています。
2009/01/08(Thu) 18:18 | URL  | 辻マコト #SXi.rSwA[ 編集]
辻マコトさんへ♪
お久しぶりでーす!!

『どうしても触れたくない』と『同級生』すごく良かったですよね!!
2008年を代表するBL漫画だ!と宣言してもいい気がします。

漫画は今年も結構読みましたね~^^
記事内の本は色々と辛い時期も変わらぬ萌えを提供してくれた作品たちです(笑)
辻さんの読まれた漫画はどれだろう~?

今年もマイペースにブログ更新していきますね。
温かいコメントありがとうございます!
2009/01/09(Fri) 13:46 | URL  | 白桔梗 #hrzdXNtM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。