2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

夏目イサク『フリーパンチ』サイン会(9/5)レポ

2009.09.09 (Wed)
はぁぁ~~~(*´д`*)~3

と、尊敬する先生にお会いした直後は
まるで恋煩いのようになってしまった白桔梗です。
先週の土曜日がすごく昔のように感じられます。


……会ったの、夢じゃないよな…?


そっ、そんなわけないさー!(`・ω・)ノ

ということで、記念すべき2009年9月5日(土)
大好きな夏目イサク先生のサイン会に行って参りましたよ~
場所はジュンク堂書店新宿店。午後2時開始です。


フリーパンチ (ディアプラス・コミックス) (ディアプラスコミックス)フリーパンチ (ディアプラス・コミックス) (ディアプラスコミックス)
(2009/08/30)
夏目 イサク

商品詳細を見る

前回に続いてまたもグダグダ日記的レポになってしまった(汗)
無駄に長いです。気になる方だけどーぞ↓



【More・・・】





前回みたいにならないように、朝早くおきて
ラブレターを清書して、バッチリお化粧もして
いざ、出陣…!じゃなかった出発っ!!

そんなわけで早すぎるくらい早く着いた新宿駅で
一人迷子になり、彷徨うこと30分。←どアホ
うん、ここで体力をだいぶ消耗した…。

っていうか出口間違えて出ちゃって、
本気で三越に着けないかと思ったよ…(;ω;)ううぅ
よかった、目的地につけて~~~;;

無事、三越8階のジュンク堂新宿店に到着して、
前回のサイン会でご一緒したK埜さんとA東さんを発見。
サイン会前にイサク先生がサインをしてくださる場所を三人で偵察。

…ん?ここでイサク先生はサインするんですか?
ちょっとここ、イサク先生にとっても、並ぶ私たちにとっても
羞恥プレイ」すぎねぇ?(滝汗)ってくらい
オープンなレジ横のスペースにテーブルが設置されていて
思わず乾いた笑いがもれましたさ…(;´ー`)

でもさすが売れっ子のイサク先生。
お仕事をなさっている各出版社からお花が届いていました。華やかです~^^

だんだんサイン会開始時刻も近づいて順番が早いK埜さんとA東さんは並びます。私はというと整理券番号が九十番台だったのでまだ並ばず、サイン会が始まる様子を密かに見守ることにしました。
ドキドキドキ…
と胸を高鳴らせながら、本棚の物陰からイサク先生が座るであろう席を見つめている私は完全に変な人であった。
カモフラージュで手芸雑誌を熱心に読むフリしちゃったぜ。


午後2時、サイン会開始です!
はわわぁぁぁぁああ(☆口☆)  夏目イサク先生が登場~!!
イサク先生はそれはもう、とっても美人なお姉さまでした。
うん、素敵すぎて惚れました(*´エ`*)

A東さんやK埜さんがサインをもらう様子を物陰からこっそり覗き
その後、OさんとW吉さんと合流して
私はお二人より一足お先に列に並びました。
一人で並んでいるといつもの倍くらい緊張しますね。
なんだかんだで喋っていたほうが気が紛れるんだな。
ううぅ…緊張しすぎて心臓がもたん…。

並んでいる時間はたぶん長めでしたが、テンパっていたためどのくらい待ったのかよくわからず…。いつのまにか先生が見える場所まで列は進んでおりましたとさ。
私の数人前で、しばしイサク先生の休憩タイム(ほんの数分人の流れを止める)が入り、数分後再び動き出した列。
…私の前の前の人、盛り上がってます><;
そ・し・て、いよいよ私の番が来ました。

えっと…
とりあえず 喋りました。主に私が。

いやぁ、前回(山中ヒコ先生のサイン会)と同じ轍を踏まないように
一生懸命話題を見つけ、己の熱き想いを込めて喋ったはいいが
言葉のキャッチボールをできたかは定かではない。(←オイ;)

というか、未だにサイン会での会話術を身につけていないお粗末な私;;
もう伝えたいことを伝えることしかできませんでした。
全ては書かないけど確かこういうことを話しました。(以下、その一部です)

私:「『フリーパンチ』の天野先生が終始可愛かったです」
先生:「ありがとうございます^^」
私:「でも時々、天野先生がものすごく美人なコマがあって、ちょっと惚れそうになりました」
先生:「えぇ~ほんまですかー?(笑顔)」

あああぁぁ!先生の関西弁萌えーーーー!!!(*´д`*)


先生と喋っているという嬉しさと緊張で、最終的になんかもう自分が何を言っているのかわからなくなるね。
でもいいんだ、ちゃんと先生と話せたし、ステキ関西弁聞けたし、サインもいただけたし、ラブレター&差し入れを渡せたし、握手までしていただいたんだから!
悔いは、ないんだからっ!><(大声)


…ああでも、先生の美しいお顔と作品を生み出す綺麗な手をいつまでもいつまでも見つめていたかったなぁ……というのが本音。
握手した手を離す瞬間、先生の前から去るあの瞬間は
ほんと「名残惜しい」以外の言葉は浮かびませんでした(;_;)ルルル

(私信:K埜さん、「下まつげの寮長」私も話題にぶち込んどきましたー笑)


サイン♪

画像ちょっと暗くなっちった(汗)
サイン本は宝物です


サイン会後は、皆様とジェラート屋さんに行き、ジェラートを食べました。
写メを撮り忘れたけど、話題のジェラートは美味しかったです^^

そのあとは皆様とのんびりお茶しました~。
やっぱりBL話など色んなお話を皆様としている時って、ホント楽しいなー^^
日々のストレスが解消されますわ!

けれどそんな楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、
私は用事があったので一足お先に皆様とお別れしました。
もうちょっといたかったけど残念。
また次にお会いしたときには宜しくお願いします♪


はぁぁぁ~~~~(*´ω`*)
とりあえずサイン会は夢見心地の幸せなひと時でした。
帰っている途中も家に着いてからも、ずっとふわふわしてました(笑)



夏目イサク先生(と関係者の方々)
そしてご一緒してくださった皆様

 本当にありがとうございましたー 


【EDIT】  22:53 |  サイン会(イベント)レポ  | TB(0) | CM4  | Top↑
コメント
■レポありがとうございます!
生なましく臨場感あふれるレポ、ありがとうございます~☆
私も物陰から皆さんの挙動を見ているキモチになりました。ってホントにいたら、キモチ悪いですね。大丈夫、いませんでしたよ。笑
イサクさん、関西弁なんですね~。萌えますね~。笑 
私も睫毛の寮長ものごっつ気になってたんで、ツッこんで頂けてうれしかったです。
でも、やはり作家さんに会えるサイン会はいいですね!作品への愛情も高まりますよね。私も早く復帰したいものです~。お疲れ様でした~!
papico |  2009.09.11(金) 23:45 | URL |  【編集】
■papicoさんへ♪
こんにちは~☆
コメントありがとうございます!

…って生なましく臨場感あふれてますかね?(笑)
まぁ、有りのまま書いたので私の行動等の気持ち悪さは
文面から如実に伝わっているかと思いますが^^;

そう、イサク先生は関西弁でしたー。かなり萌えます^^
明るくて気さくで素敵でした☆
 
睫毛の寮長も気になりますよね。
顔がちゃんと出ているのは1コマだけなんですけどね。
しっかり伝えてまいりました~☆

papicoさんも復帰した際にはぜひぜひご一緒にあの緊張の瞬間を味わいましょう!
白桔梗 |  2009.09.13(日) 19:16 | URL |  【編集】
■羨ましい~
お久しぶり~生きてますか??
私は残業続きでしんどります(笑)

イサクさんのサイン会行ったんだ!うらやましい。
気づいたら予約が終わっていたという悲しい事実。。。
またやっていただきたいなぁ(切望)

ヤマシタさんの非BL、紹介文にめっちゃ惹かれて、
購入迷ってたけど買いますわ☆

そのうちお茶でもしながら近況語り+BL話でもしましょう^^
みつる |  2009.09.19(土) 13:47 | URL |  【編集】
■みつるさんへ♪
おお、久しぶり!コメントありがとう!私はなんとか生きてるよ~。

うちは殆ど残業がないけど、結構仕事がハードな上に面白くなくて、
先輩たちが恐いという、それなりに精神面にくる職場です。(言い放題;)
残業は大変そうだけど私の中でみつるっちはバリバリ働いているイメージなので、なんだかんだ言いながら昇りつめていってくださいまし(笑)

イサク先生のサイン会はなんとか行けました。
BL作家ということは伏せて、弟に整理券をGETしてもろた(半笑い)
またあるといいねー^^私もまたお会いしたい!

ヤマシタさんの非BL、しをん先生の紹介文は惹かれるよね~。
うん、オススメだと…思う(弱気) 少なくとも私はスキ。

お茶しながら近況語り+BL話いいね! 誘って…(・ω・*)
白桔梗 |  2009.09.20(日) 14:57 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。