読んだ本(漫画、BL本含む)の感想や日常などをつらつら書いてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上田規代『コイノイロ』
2007年07月31日 (火) | 編集 |
短編集の感想を書くのが苦手だ。

上手く書けないような気がするし(最初から上手くなんか書けてねえじゃねーか、というツッコミはナシで)、何より一話一話ちょこまか感想を書くのが面倒くさいからだ。
…………ダメ人間すぎるぞ、自分。

うーん、いろんな書評ブログさまは本当に凄い。
いつも物陰からこっそり覗かせていただいている。(そして本当にお世話になっております。ペコリm_ _m)

まぁ、そんなダメ人間な私がどうしてこの漫画(短編集)の感想を書こうと思ったかというと、それは…

大好きだからさ!(理由になってねー…)

もう絵柄がガチで好み(ちなみに表紙の絵はあまり参考にはならないかも)だし、話も良い!!
これは感想書かなあかんやろ。というワケでかる~く感想書いてみた。


コイノイロ HertZシリーズ19コイノイロ HertZシリーズ19
(2006/11/01)
上田 規代

商品詳細を見る

あらすじと感想は以下から。
【あらすじ】
そばにいたい――ただそれだけ。
高校生のナオは誰にも言えない秘密があった。それは親友の平に恋をしているということ――
ある日、ナオは「カオ変わった?」と平に言われ動揺する。好きなことがばれた――!?思い悩むナオだったが…?
キュート&ハートフル・ラブストーリー登場!!(裏表紙参照)


【感想】
「コイノイロ」
「理想の恋人」
「幸福論」
「笑顔の行方」
「MIX」
「友情方程式」

という6つの短編と
「卒業旅行」
という「コイノイロ」の続編書き下ろし短編からなる本書。

山田ユギさんがこの作品の帯で〈わーん ときめくよ~!!〉と書かれているのだが、まったくその通りだと思う。
学生の話が多い印象があるが、学生の話もそうでない話もなんかキラキラしててめちゃくちゃときめくんですよ。キューンとなる感じがたまらん!

私的キューン度(なんじゃそりゃ)が高かったのは、表題作の「コイノイロ」と続編の「卒業旅行」。特に「卒業旅行」でやられた。
ナオ(受)がぁ!ナオが可愛すぎるよ!!こういう子、大好き(*´д`)
上田さん、オイシイ書き下ろしをありがとうございます。

「理想の恋人」はオチが面白かったし、「幸福論」と「MIX」は…うん、なんか感情移入しちゃったよ。我が身を省みて(爆)

とにかく話も絵も、ハッキリ言って全てが好みの作品だった。
んもー大満足だ!!
上田さんの8月の新刊が本当に楽しみである♪

(※今回分かったのは、自分が大好きな話って上手く感想書けないなってこと。とにかく読んでみて!としか言えない自分が憎い。ほんと、ただの戯れ言です…orz)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。