読んだ本(漫画、BL本含む)の感想や日常などをつらつら書いてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々に
2007年10月27日 (土) | 編集 |
今日は「創作」のことについて語ります。
そうです、たまに語る時があるんです。

とてもウザイことは一応自覚してます(汗)
でもここしか捌け口がないので、…スミマセン。

したがってBL関係でお越し下さった方や興味のない方は、どうか完全スルーでお願いしますm(_ _;)m
まぁお前のくだらない自己満足記事を見てやらなくもないよ、という方だけ続きをどうぞ。
改めて…ああ、創作のことについて書くの久しぶりだ。

本当は頻繁に書きたいんだけど、このブログを見てくださっている奇特な方って、(コメントをくださる方以外は)どんな方々なのかあまりわからないのよね(苦笑)
だから私も何を書けばいいのかたまにわからなくなる。こんな事書いてもつまらないんじゃないか、とか。誰も見てくれなくなるんじゃないか、とか。
…完全迷走中w
まぁ好き勝手やってるけどさ。必然的にカオスなブログになるわけだ。

あっでも、もしかしたら一日ちょびっとカウンターが回っているだけで、ほとんど誰も見てない可能性もあるか、フフフ…(自嘲)
いいもん、いいもん、めげないもん。

そうそう「創作」のことについて書くんだった。前回の記事のテーマ(?)を①としたので、今回は②というカンジで。

②〈逃げと癒しと、ただ一つのこと〉

最近、密かに情緒不安定気味だ。
原因はアレ…「就職活動」。
自分の将来が見えなくて不安になったり焦ったり。
学校の勉強もこなしながら就職活動をするわけで、書く時間がどんどん削られていって別の意味でも焦る。
友人と就活や将来のことを話しながら、「私が本当にやりたいことはこんなことじゃないんだー!!怒」って叫びだしそうになる(笑)

けど、本当にやりたいことや成し遂げたいことって、きっと何をしててもどんなところにいてもできるものよね。

だから私は就活してても全然関係ない仕事をしてても、そしてそれがどんなに忙しくても、書くことをやめないと思う。一文字でも一行でも書き続けると思う。
「書くこと」が私を私にしてる気がする。


でも人間、時には嫌なことから逃げ出したくなることってある。
ただでさえ逃げ癖のある私は今、就活とか勉強とかから逃げたい。
友人たちみたいに「やるのが当たり前!上に行くのが当たり前!」ってアグレッシブに考えられない。
「あああ~、もうダメだ~(死)」って結構しょっちゅう思っている(笑)

けど私は「逃げる」ことって、(ある意味)“アリ”だと思うのよね。“逃げ道”を作っておくというか、なんというか…。
そりゃ、やたらといろんなことから逃げてちゃダメだけど。
マジで潰れるよりは逃げるほうがいい、身を守るほうがいい、救済を求めたっていい。
ちなみに「逃げる」と「怠ける」はこの場合、別ものです。
私の中では、こんな感じ(↓)
「逃げ」=「創作」=「癒し」
書くことは自分を保つ“逃げ道”でもあるし、同時に自分を癒しもする。

ま、散々愚痴をこぼしながら、就活からも勉強からも(本当の意味では)逃げないと思う。親からお金を出してもらっている身だし。
癒しである「創作」を小脇に抱えながら、きっと立ち向かう。何事も経験だし、糧になると信じてる。
なんだったらこの経験で一つ小説書いてやんよ、って思ってる。

そうやって「創作」にすがりながらやっぱり最後に思う。
「書くこと」は自分にとって、たった一つのかけがえのないことだな、と。
だから頑張れるし、諦められない。
うん、やろう、がむしゃらに。それしか言えないな、今は。


って、また脈絡の無い記事になってしまった…orz
そして今回は投稿する賞の予定は書かない。
〆切近くて落とす可能性も高いので、必ず出せるって断言できない。
でも絶対投稿したい賞はいくつかあるから、もうそのつど一点集中状態になる予感。

あと、小説家志望の方(または違う夢を追っている方)のコメントも嬉しかったりしますよ~(小声)
よければ話しかけてやってください。いろいろと励みになったり、触発されたりするので。
もちろんそうでない方のコメントも大歓迎です♪



話は変わるけど…
確かこのブログの1周年が12月27日じゃなかったかと思う。
そこで、あくまで予定だけど、1周年記念として自作の短編小説を載せようかと思っている。

誰も望んでないって?……わかっています(涙目)
だけど、こんだけ「小説家志望~」とか「創作~」とか言っていて作品を掲載しないのも、こいつ口だけか?と思われそうで。
って、そんなことすら誰も興味ない?……わかっています(涙目)

ああ、でも本音を言うと、私が誰かに見てほしいだけかもしれない。
見てくださる人が楽しめない可能性は大だし、私だけがダメージをくらう可能性も大だけど。
声が聞きたくなるときってあるよね?
反応すら無いかもだけど、うん、やる…!勇気は大切だ。大事にしよう。

まだわからないけど、今年の夏に書いた短編にしようかなー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。